攻撃の要、期待のホープら精鋭をカバー なでしこジャパン選手ファイル【中編】

【写真:窪田 亮】
【写真:窪田 亮】

猶本光はアジアカップで世界大会への道を切り開けるか

<MF>
■隅田 凜(マイナビ仙台レディース/26歳)
今季成績:9試合・1得点(WEリーグ)
国際Aマッチ:24試合・0得点
アジアカップ出場:2回目

 2018年は、アルガルベカップを皮切りになでしこジャパンの主要トーナメントへ招集され続け、夏に行われたアジアカップでも優勝を経験した。なでしこのコアグループ入りは目前に見えたが、女子W杯、東京五輪ともに出場はならなかった。昨秋開幕したWEリーグでは、開幕2戦目でチームのリーグ戦初ゴールをマーク。宮澤ひなた、長野風花ら新戦力の良さも引き出すゲームデザインをこなし、マイ仙台を暫定2位の好位置に導いている。

【写真:窪田 亮】
【写真:窪田 亮】

■猶本 光(三菱重工浦和レッズレディース/27歳)
今季成績:9試合・1得点(WEリーグ)
国際Aマッチ:21試合・0得点
アジアカップ出場:3回目

 この女子アジアカップには2014年、2018年の2大会に出場し、優勝を経験。オランダ遠征では、初戦のアイスランド戦に出場した。帰国後も、所属する浦和で皇后杯に参戦し、準々決勝のサンフレッチェ広島レジーナ戦では、利き足とは逆の左足で値千金の先制ゴールを決めるなど、好調をキープしている。2012年のU-20女子W杯以後、世界大会に縁がないまま、時間を過ごしてきたが、得意のミドルシュートで今度こそ道を切り開きたい。

【写真:窪田 亮】
【写真:窪田 亮】

■遠藤 純(エンジェル・シティFC[アメリカ]/21歳)
今季成績:0試合・0得点(アメリカ)
国際Aマッチ:22試合・1得点
アジアカップ出場:初

 女子フランスW杯に続き、東京五輪にも出場したレフティーは、今回の日本チームの最年少メンバー。スピードに乗った突破と、左足から放たれるパワフルなシュートはワールドクラスだ。五輪のカナダ戦では、劣勢の中で途中出場。縦への突破を試み続け、対戦相手の注意を集めた。この仕掛けで、長谷川→岩渕の同点ゴールへの布石となっている。昨年末にアメリカへの移籍を発表し、自身初めてのアジアカップには海外組の一員として臨む。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」