攻撃の要、期待のホープら精鋭をカバー なでしこジャパン選手ファイル【中編】

アジアカップを戦うなでしこジャパンに注目【写真:©JFA】
アジアカップを戦うなでしこジャパンに注目【写真:©JFA】

【プレビュー#5】アジア杯全メンバー紹介 高橋はなはなでしこジャパンの将来を担う逸材

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、1月20日に開幕する女子アジアカップで大会3連覇を狙う。グループリーグでは21日にミャンマー、24日にベトナム、27日に韓国と対戦予定だ。アジア女王の称号を巡る戦いを託されたメンバー23人の中から、中編ではDF、MFの精鋭8人を紹介する。

【写真:Getty Images】
【写真:Getty Images】

<DF>
■乗松瑠華(大宮アルディージャVENTUS/25歳)
今季成績:10試合・0得点(WEリーグ)
国際Aマッチ:3試合・0得点
アジアカップ出場:2回目

 スピードと戦術眼に優れたDF。8年前の女子アジアカップで代表デビューを果たし、日本の大会初優勝メンバーに名を連ねた。その後、2016年のU-20女子ワールドカップ(W杯/3位)ではキャプテンも務めた。同大会期間中の怪我で、その後2シーズン、3年近くを棒に振ったが、不屈の精神力でピッチに戻って来た。WEリーグの創設を機に、長くプレーした浦和を離れて同県の大宮Vへ移籍。鮫島彩らと新設チームの防衛線を構築している。

【写真:窪田 亮】
【写真:窪田 亮】

■高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース/21歳)
今季成績:9試合・1得点(WEリーグ)
国際Aマッチ:5試合・0得点
アジアカップ出場:初

 恵まれたサイズに頼り切ることなく、ユース年代から足元の技術とスピードを身につけるための努力を続けてきた。それも世界の舞台で戦う相手を意識してのこと。2018年のU-20女子W杯では、池田太監督のチームで主力を務め、優勝に貢献した。サイドバック(SB)やFWでもプレーが可能。東京五輪のメンバー選考レースでも、最終段階まで食い下がった。浦和の同僚DF南萌華とともに、なでしこジャパンの将来を背負って立つ存在になってほしい。

【写真:窪田 亮】
【写真:窪田 亮】

■宝田沙織(リンシェーピングFC[スウェーデン]/22歳)
今季成績:0試合・0得点(スウェーデン)
国際Aマッチ:10試合・1得点
アジアカップ出場:初

 女子フランスW杯では追加招集でメンバー入りし、ターゲット役となり得るトップで起用された。東京五輪では最終ラインへコンバートされ、センターバック(CB)として出場。そして池田体制下の初戦では、左サイドバック(SB)で先発した。過去にはGK経験もあり、ポジションは不問。スピードに優れ、対空戦に強く、シュート、パスのレンジも長い。今季スウェーデンへ戦場を移し、セレッソ大阪堺レディース時代の同僚、MF林穂之香とリーグ制覇を競う。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング