“お手本”長谷部誠がいることの恩恵 フランクフルトが「守りづらいチーム」へ進化した理由

フランクフルトで活躍するMF長谷部誠【写真:Getty Images】
フランクフルトで活躍するMF長谷部誠【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】課題だった中央からの攻撃が改善

 元日本代表MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地が所属するドイツ1部フランクフルトの調子が上ってきている。シーズン序盤は新監督オリバー・グラスナーの志向するサッカーとこれまでしてきたサッカーとのギャップがうまく埋まらず、どこかもどかしい試合が続いていたが、昨年終盤はあれよあれよと連勝で勝ち点をだいぶ積み重ねることができた。

 そんなフランクフルトでチーム最年長、いやいやブンデスリーガ最年長の長谷部が、今年も変わらず重要な役割を担っている。この男には限界説なんて通用しない。

 ここ最近のフランクフルトの攻撃を見ていると長谷部からの縦パスを起点に攻撃が加速度を増してゴール方向へつながっていく頻度が相当増えてきている。

 この数年間常々に口にしていたことだ。

「真ん中からの攻撃が……」

 システムを変え、布陣を変え、やり方を変えてもここだけはなかなか改善されないでいたものが、ここにきて非常にうまく機能するようになっている。取り組みの継続性が実を結び出している。

 本来中央からの攻撃は相手も警戒レベル最大で守ってくるので、ボールロストの危険性も高くなる。不用意なチャレンジは相手カウンターへのプレゼントとなってしまう。でもそこをうまくかいくぐることができれば、その眼前にはビッグチャンスへの橋がかかっているのだ。

 ミスは許されないけど、状況を作り出してパスを送ることができたら、というリスクマネジメントを丁寧にしながら、長谷部がゲームをコントロールしていく。「どうしたらいいの?」とピッチ上で迷子になることなく、意図をもって横や斜めにドリブルをしながら、常に中継点を視野に入れている。相手がカバーしてないパスコースを残しながら、ドリブルで運ぶ。そして相手がずれた瞬間を見逃さずに鋭く正確なパスを届けてしまう。

 近くの味方にボールを預けるのではなく、相手の守備の何枚も越えた先にいる仲間へとパスを送る。つなぐためのパスではないから、ミスになることもある。味方との意思の疎通がずれて、ボールがそのままサイドラインを割ってしまうことだってある。でも、そうした仕掛けがあるからこそ、フランクフルトの攻撃はどんどんバリエーションが増えてきているし、相手にとっては守りづらいチームになってきているのだ。

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング