【Jリーグ去就動向】前田大然、旗手怜央、井手口陽介の3人がセルティックへ J3岐阜に元日本代表FW田中順也が加入

FW宮代大聖は期限付きで鳥栖へ、FW田中順也はJ3岐阜へ完全移籍、MF小野裕二は鳥栖へ完全移籍【写真:Getty Images】
FW宮代大聖は期限付きで鳥栖へ、FW田中順也はJ3岐阜へ完全移籍、MF小野裕二は鳥栖へ完全移籍【写真:Getty Images】

鳥栖はMF小野裕二とFW宮代大聖を獲得

 J1の横浜F・マリノスは、FW前田大然がスコットランド1部セルティックへ買い取りオプション付きの期限付き移籍をすることを発表した。

【移籍一覧】Jリーグ全56クラブ「2021-22|退団・戦力外&新加入選手」

 2020年夏にポルトガル1部CSマリティモから横浜FMへ期限付き移籍の形で加入した前田は、所属2年目の今季にJ1リーグ戦23ゴールを挙げ、川崎フロンターレのFWレアンドロ・ダミアンとともに得点王を分け合った。

 セルティックへ買い取りオプション付きの期限付き移籍が決定し、「僕自身、海外でまたチャレンジしたいという思いを持っていた中で、その気持ちを理解して頂いたチームメイト、コーチングスタッフ、強化の方々には本当に感謝します。皆さんにいい報告ができるよう自分らしく、がむしゃらに食らいついてきます!BOSSのところにいってきます! #マリノスファミリー」とコメントした。

 また、川崎フロンターレのFW旗手怜央とガンバ大阪のMF井手口陽介は、セルティックへの完全移籍が決定。前田を含めて、セルティックは1日で日本人選手3人を獲得する大胆な補強を行った。

 J3のFC岐阜は同日、ヴィッセル神戸から元日本代表FW田中順也が完全移籍で加入したと発表。現在34歳の田中は、神戸在籍5年間で天皇杯優勝(19年)や富士ゼロックス・スーパーカップ制覇(20年)を経験し、昨季はJ1リーグ戦7試合2ゴールだった。日本代表として国際Aマッチ4試合(0得点)も経験している。

【12月31日発表、その他の主な移籍動向】
■徳島ヴォルティス→[川崎フロンターレ→]サガン鳥栖
FW 宮代大聖(期限付き移籍)

■ガンバ大阪→サガン鳥栖
MF 小野裕二(完全移籍)

■フィゲイレンセFC(ブラジル)→ヴァンフォーレ甲府
FW ブルーノ・パライバ(期限付き移籍)

■ヴァンフォーレ甲府→FCカスカヴェウ(ブラジル)
FW パウロ・バイヤ(期限付き移籍満了)

■テゲバジャーロ宮崎→カターレ富山
DF 大畑隆也(完全移籍)


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング