「絶対に負けられない」 大津の山城監督が2戦連続の九州勢対決に決意表明「九州の一番になりたい」

大津が東福岡に4-0で快勝(※写真は集合)【写真提供:オフィシャルサポート】
大津が東福岡に4-0で快勝(※写真は集合)【写真提供:オフィシャルサポート】

強豪・東福岡を破り、3回戦では同じ九州の佐賀東と対戦

 第100回全国高校サッカー選手権は12月31日、首都圏8会場で2回戦の試合が行われ、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場の第2試合は大津(熊本)が東福岡(福岡)に4-0で快勝した。そこには「九州の一番になりたいと常に思っているし、トップを走っているという自負もある」という思いがあった。

 強風の環境下での試合だったが、大津の選手たちは冷静に対応。山城朋大監督は、風下の前半について「ボールが風に乗って自陣に入っていかないように、ラインを上げつつも背後にボールを置かないようにして、長いボールで返しても良いぞという話をしていた」と、具体的な対応策を用意した。そのなかで、相手ゴール前に入れたボールからMF川口敦史が蹴り込んで先制に成功した。

 逆に風上になった後半は、川口が自身2点目のミドルを決め、その後は相手の攻撃を受けつつもカウンターを効果的に繰り出して2点を追加。高円宮杯U-18プレミアリーグWESTでも対戦する九州勢同士の対決を制した。

 そして、次の3回戦では佐賀東(佐賀)と対戦する。この日の2回戦で前回優勝校の山梨学院(山梨)を破った相手と2試合連続で九州勢対決となったことについて、山城監督は強い思いを口にしている。

「最近、九州のチームが(高校選手権の)ベスト8やベスト4に残ることが少なくなってしまった。『九州は1つ』というスローガンもあるが、そうやってみなさんで上位進出を狙っている中で戦うのは心苦しいけど、万全の準備で臨みたい。九州の一番になりたいと常に思っているし、トップを走っているという自負もあるので、絶対に負けられないという思いもある」

 また、この日2ゴールの川口は、佐賀県唐津市で活動するサガン鳥栖のU-15世代下部組織の出身だけに、「高校選びでも迷ったことがあるくらい、佐賀東も名門。サガン鳥栖の時に一緒だった選手もいるので、絶対に負けたくない」と意気込んだ。

 トーナメント全体を見れば、宮崎日大(宮崎)と長崎総科大付(長崎)も合わせた4チームが、年が明けて1月2日の3回戦に進出している。九州のプライドをかけたプレーが大会を盛り上げていきそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング