「悲しい別れをしたスター」 香川真司、プレミア移籍後の“転落キャリア”に独紙嘆き

PAOK退団となったMF香川真司【写真:Getty Images】
PAOK退団となったMF香川真司【写真:Getty Images】

今年12月18日PAOKとの契約を解除して無所属に

 ギリシャ1部リーグPAOKテッサロニキに所属していたMF香川真司は、12月18日にクラブと契約解除を発表した。かつてドルトムントの中心選手として活躍した香川の激動のキャリアを、ドイツメディアが「悲しい別れをしたスター」と振り返っている。

 香川は2010年にセレッソ大阪からドルトムントに移籍。加入1年目の10-11シーズンにチームのブンデスリーガ制覇に貢献すると、翌11-12シーズンにはリーグ連覇を経験。ユルゲン・クロップ監督が率いた当時のチームで不動の地位を確立し、ファンからも絶大は支持を受けた。12年夏にはマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したが、14年にドルトムントへ復帰。18年に退団するまで計7シーズンにわたってプレーした。

 その後はトルコのベシクタシュ、スペインのレアル・サラゴサ、そしてPAOKを渡り歩いた香川だったが、ドイツ時代ほどの輝きを放つことはできず、日本代表からも遠ざかった。PAOK退団後の所属クラブは未定の香川だが、Jリーグ復帰の噂も報道されている。

 ドイツ紙「デア・ヴェステン」は、そんな香川のキャリアを回想。「10年前、香川はボルシア・ドルトムントで最も輝きを放ち、人気ある選手の1人だったが、最初にBVBを離れたのが終わりの始まりだった」と、マンチェスター・ユナイテッド移籍がターニングポイントと指摘。「ファンからの人気は衰えなかったが、その後の低空飛行を受け入れなければならなかった」とプレミア移籍後の転落を嘆いた。

 同紙は香川が現在無所属で、去就も不透明となっていることを受けて「クラブのない香川、悲しい別れをしたスター」と伝えている。ドイツでは“小さな魔法使い”の愛称がつき、当時のブンデスリーガで屈指の攻撃的MFとして鳴らした香川だが、この10年でその立場は大きく変化した。

 32歳。老け込むには早すぎる年齢だが、日本代表で10番を背負った男は再び輝きを取り戻すことができるのだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング