高校サッカー選手権、勢力図予想「番付」 “東の横綱”は青森山田…対抗馬の候補は?

ユース年代ナンバーワンCBを擁する尚志は、一気に頂点の可能性も?

【小結】
東:尚志

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今年のチームにはユース年代ナンバーワンCBのチェイス・アンリ(3年)がいる。アメリカ人の父と日本人の母を持つ彼のポテンシャルは底知れず、堅守と攻撃の起点としても機能する。ボランチのMF松尾春希(3年)、FW小池悠斗(3年)と攻撃陣にタレントがおり、攻守がハマれば一気に頂点を目指せる力を有している。

西:米子北

 今年のインターハイ準優勝校は、伝統の堅守速攻のクオリティーを例年以上に高めてきた。その中枢にいるのがファジアーノ岡山加入内定のボランチ・佐野航大(3年)。彼が攻守において強度の高いプレーを見せると、FW片山颯人(3年)とFW福田秀人(2年)の高速2トップが一気にゴールに迫る。2度目のプレミア昇格は逃してしまったが、総合力は間違いなくトップクラスだ。

【前頭1】
東:桐光学園

 鈴木勝大監督が「チームの心臓」と全幅の信頼を寄せるボランチのMF山市秀翔(3年)を軸に、独特のテンポとゴール前の勝負強さを誇るFW田中英泰(3年)、左のアタッカー・FW三原快斗(3年)と個性的な選手が揃っており、攻守においてハードワークをやり通せることが強み。MF中村俊輔(現横浜FC)を擁して準優勝をした時以来の国立を目指す。

西:神村学園

 多くのプロスカウトが熱視線を送るFW福田師王とMF大迫塁の2年生ホットラインは強烈な力を持っている。身体能力とゴールセンスに秀でた福田、視野が広く瞬間的な判断で相手の意表を突くプレーができる大迫。ここにFC今治加入内定のMF佐藤璃樹、MF篠原駿太(ともに3年)が絡む攻撃は強烈だ。

【前頭2】
東:帝京長岡

 ここ2年連続選手権ベスト4まで駒を進めており、昨年のメンバーが多く残る。とりわけ、湘南ベルマーレ加入内定のDF松村晟怜(3年)が怪我から復帰したのはプラス材料。3年生CBの統率力と左足のキックを中心に、注目の2年生MF廣井蘭人、1年生FW堀颯汰が鋭い攻撃を展開する。

西:阪南大高

 攻守において非常にバランスの整ったチームだ。湘南ベルマーレへの加入が内定している絶対的エースストライカー・鈴木章斗(3年)の多彩なプレーを軸にしながらも、FW石川己純(3年)、ボランチのMF櫻井文陽(3年)が果敢にチャンスへ絡んでいく。守備面でもDF西田祐悟(3年)と櫻本亜依万(3年)のCBコンビ、GK山形慈温(3年)が築く堅守は健在で、チームに安定感をもたらしている。

(安藤隆人 / Takahito Ando)

page1 page2

安藤隆人

あんどう・たかひと/岐阜県出身。大学卒業後、5年半の銀行員生活を経て、フリーサッカージャーナリストに。育成年代を大学1年から全国各地に足を伸ばして取材活動をスタートし、これまで本田圭佑、岡崎慎司、香川真司、柴崎岳、南野拓実など、今の日本代表の中心メンバーを中学、高校時代から密着取材。著書は『走り続ける才能達 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)、早川史哉の半生を描いた『そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常』(徳間書店)など10作を数える。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング