「日本の誇り!」 南野拓実、劇的同点ボレー弾の“全アングル”「魔法の瞬間」映像が話題

レスター・シティ戦1ゴール1アシストとなったMF南野拓実【写真:Getty Images】
レスター・シティ戦1ゴール1アシストとなったMF南野拓実【写真:Getty Images】

リーグカップ準々決勝のレスター戦で終了間際に土壇場ボレー弾、クラブが全アングル映像を紹介

 イングランド1部リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間12月22日のリーグカップ(カラバオカップ)準々決勝のレスター・シティ戦で1ゴール1アシストの活躍を披露。3-3と打ち合いになり、PK戦を5-4と制したリバプールがベスト4進出を決めた。南野が終了間際に決めた劇的同点ボレー弾の“全アングル”決定的瞬間シーンを公開し、「魔法の瞬間」「日本の誇り!」と絶賛の声が上がっている。

 4-3-3システムの左ウイングでスタメン出場を果たした南野は、1-3のスコアで迎えた後半23分、ゴール前の絶妙なパスからFWディオゴ・ジョッタのゴールをアシスト。さらに1点を追いかける後半アディショナルタイム5分、MFジェームズ・ミルナーからのロングボールを胸でワントラップし、思い切り良く右足を振り抜く。南野のボレーシュートが突き刺さり、土壇場で同点ゴールを奪った。

 その後、PK戦へと突入。5人目として登場した南野のキックは失敗に終わるも、直後の相手キックをGKクィービーン・ケレハーがストップし、最後はジョタが成功。5-4でリバプールがベスト4進出を決めた。

 リバプールの公式YouTubeチャンネルでは「南野拓実の見事な同点弾をあらゆる角度から撮影」と題した動画をアップ。文字どおり、南野の一撃をさまざま角度から撮影した映像を届けており、スタジアムの熱狂ぶりをそのまま伝えている。

 スタジアムのボルテージが最高潮に達した瞬間に「魔法の瞬間」「マスタークラスだ」「日本の誇り!」「なんてゴールだ」「クロップのリアクション嬉しい」などの声が上がっており、反響が広がり続けているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング