“劇的弾”リバプール南野、チーム最高タイ「8点」評価 「見事なテイク&フィニッシュ」と現地称賛

リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

リーグ杯レスター戦で1G1Aと躍動、チームの4強進出へ大きく貢献

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間12月22日、リーグカップ(カラバオカップ)準々決勝のレスター・シティ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せ、チームのベスト4進出へ貢献した。現地メディアの選手採点では、チーム最高タイの8点が付けられ、「見事なテイク&フィニッシュ」と賛辞が送られている。

 4-3-3システムの左ウイングでスタメン出場を果たした南野は、1-3のスコアで迎えた後半23分、絶妙なスルーパスからFWディオゴ・ジョッタのゴールをアシスト。さらに同AT5分、MFジェームズ・ミルナーからのロングボールを胸でワントラップし右足ボレーを放つと、これがゴール右隅に決まり、土壇場で同点ゴールをもたらした。

 試合はその後、PK戦へと突入し、5人目として登場した南野のキックは失敗に終わるも、直後の相手キックをGKクィービーン・ケレハーがストップし、最後はジョタが成功。5-4でリバプールがベスト4進出を決めた。

 劇的な同点ゴールを含む、1ゴール1アシストの活躍を見せ、チームの4強進出へ大きく貢献した南野。リバプール専門メディア「THIS IS ANFIELD」の選手採点では、FWディオゴ・ジョッタ、MFアレックス・オックスレイド=チェンバレン、MFナビ・ケイタ、DFイブラヒマ・コナテ、GKクィービーン・ケレハーと並び、チーム最高タイの8点が付けられ、寸評で「コップ(アンフィールドのゴール裏)の目の前で見事なテイク&フィニッシュを決め、スコアを同点に戻した。ジョッタのスルーパスでアシストし、劇的なゴールも決めた」と称えられた。

 南野にとっては、リーグカップ3試合連続ゴール。試合後、ユルゲン・クロップ監督からも「最高のゴール、最高のパフォーマンス」と絶賛されるなど、貴重な働きぶりが脚光を浴びていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング