「アンフィールドを熱狂させた」 リバプール南野が”値千金の一撃”、劇的弾を海外称賛

リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

リーグ杯レスター戦の後半ATに劇的同点ゴールを奪取

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間12月22日、リーグカップ(カラバオカップ)準々決勝のレスター・シティ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せ、チームのベスト4進出へ貢献した。現地メディアは、後半アディショナルタイム(AT)に決めた値千金の同点ボレー弾に賛辞を送っている。

 4-3-3システムの左ウイングでスタメン出場を果たした南野は、1-3のスコアで迎えた後半23分、絶妙なスルーパスからFWディオゴ・ジョッタのゴールをアシスト。さらに同AT5分、MFジェームズ・ミルナーからのロングボールを胸でワントラップし右足ボレーを放つと、これがゴール右隅に決まり、土壇場で同点ゴールをもたらした。

 試合はその後、PK戦へと突入し、5人目として登場した南野のキックは失敗に終わるも、直後の相手キックをGKクィービーン・ケレハーがストップし、最後はジョタが成功。5-4でリバプールがベスト4進出を決めた。

 そんななか、南野の劇的な同点ゴールに対し英メディア「Empire of the Kop」は「アンフィールドを熱狂させ、同点弾でフォックス(レスター)との対戦をPK戦に持ち込む」と見出しを打ち注目。「タキはアンフィールドを沸かせ、リバプールとレスター・シティの一戦をPK戦に持ち込む見事な同点弾を決めた」と、賛辞を送っている。

 南野にとっては、リーグカップ3試合連続ゴール。プレミアリーグでは途中出場6試合(1得点)と出番が限られているなかでインパクトを放てずにいるが、与えられたチャンスで貴重な結果を示した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング