現役引退の玉田圭司、元同僚の自宅来訪を報告 「俺のことが大好きな子達が遊びに来てくれたよ」

今季限りで現役を引退した元日本代表FW玉田圭司【写真:Getty Images】
今季限りで現役を引退した元日本代表FW玉田圭司【写真:Getty Images】

名古屋時代のチームメイトだった杉森、深堀が玉田家を訪問

 徳島ヴォルティスのMF杉森考起が、自身の公式インスタグラムを更新。今季限りで現役を引退した元日本代表FW玉田圭司の家を訪れたことを報告し、玉田も「俺のことが大好きな子達が自宅に遊びに来てくれたよ」と呼応している。

 杉森は名古屋グランパスの下部組織で育ち、2014年にトップチームへ昇格。FC町田ゼルビアへの期限付き移籍を挟みながら、19年まで計5シーズン所属したなかで、玉田とは14年と17年にチームメイトだった。

 20年に徳島移籍後も大先輩の玉田との交流は続いていたようで、インスタグラムに「玉さんのお家におじゃまさせてもらいました!」と綴り、玉田、名古屋時代の同僚であるFW深堀隼平(FC岐阜)との3ショットを投稿した。

「すごく楽しい時間でした! 玉さん23年間お疲れ様でした!」

 今季限りで23年間のプロ生活にピリオドを打った玉田に労いの言葉を送ると、玉田も「また来てね~」と返信。また、玉田は自身のインスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で、「俺のことが大好きな子達が自宅に遊びに来てくれたよ。楽しかったね! 来年この2人を全力で応援しよ」と嬉しそうに報告していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング