“ヒーロー”古橋亨梧、リーグ杯決勝で圧巻2ゴールの活躍 「キング・キョウゴ」と現地絶賛

セルティックの日本代表FW古橋亨梧【写真:AP】
セルティックの日本代表FW古橋亨梧【写真:AP】

ハイバーニアンとの決勝で2ゴール、セルティックにリーグ杯タイトルもたらす

 スコティッシュ・リーグカップ決勝が現地時間12月19日に行われ、日本代表FW古橋亨梧の2ゴールによりセルティックがハイバーニアンを2-1で下し、20度目のリーグカップ制覇を果たした。現地メディアは、殊勲の活躍を見せた古橋へ賛辞を送っている。

 古橋はUEFAヨーロッパリーグ(EL)の第6節ベティス戦(3-2)でハムストリングを負傷し、この試合への出場が危ぶまれていたものの、タイトルが懸かる大一番へスタメン出場。前半から果敢にゴールへ迫ったが、相手の厳しいマークに遭い1点が遠い状況が続いた。

 そんななか、後半6分にはコーナーキックから失点。嫌なムードが漂いかけたがその1分後、古橋が勝負強さを見せつける。MFカラム・マグレガーの浮き球パスに反応すると、トラップから左足を振り抜き同点ゴールを奪取した。

 これで勢いに乗った古橋は同27分、フリーキックのリスタートから相手最終ライン背後へ抜け出すと、前目のポジショニングを取っていたGKの頭上を越す、技ありループ弾を叩き込み、逆転弾を奪取。その後、古橋は同38分に交代したが、チームは2-1の勝利を飾り、2年ぶり20度目のリーグカップ制覇を果たした。

 セルティックにタイトルをもたらした古橋の活躍ぶりに、現地メディアは賛辞を送っている。英地元紙「デイリー・レコード」は「キング・キョウゴ」と見出しを打ち、「キョウゴは、セルティックでの素晴らしい人生のスタートを切り、ハムデンの英雄的な活躍でファンの人気を確固たるものにした」と綴れば、英紙「スコティッシュ・サン」も「ハムデン・パークで見事なダブルゴールを決め、セルティックのヒーローになった」と報じている。

 今夏のセルティック加入後、ゴールを量産し瞬く間にチームの顔となった古橋。コンディションが懸念されながらも、重要な一戦でファンの期待に見事に応えてみせた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド