2アシストと活躍のマジョルカ久保、両軍2位「8.6」の高評価 復帰後初先発で存在感

2アシストのパフォーマンスを見せたMF久保建英【写真:Getty Images】
2アシストのパフォーマンスを見せたMF久保建英【写真:Getty Images】

スペイン国王杯2回戦リジャネラに6-0快勝、久保が今季初アシスト

 日本代表MF久保建英が所属するスペイン1部マジョルカが、現地時間12月16日のスペイン国王杯2回戦でリジャネラ(4部相当)とアウェーで対戦。久保が公式戦約3か月ぶりにスタメン出場を果たし、2アシストと出色のパフォーマンスを披露して6-0勝利に大きく貢献したなか、両チームで2位の評価を得ている。

 久保は右膝の怪我により一時戦線から離脱していたが、11月27日の第15節ヘタフェ戦で復帰。第16節のアトレティコ・マドリード戦(2-1)で逆転ゴールを決めていたなか、この日は9月22日の第6節レアル・マドリード戦(1-6)以来、復帰後初となる先発出場をトップ下で果たした。

 前半は0-0で折り返したなか、後半5分にスコアが動く。左コーナーキック(CK)を久保が担当し、正確なクロスからDFアレクサンダー・セドラルのヘディングシュートを演出。久保の今季初アシストからマジョルカが先制した。

 直後に追加点を奪ったマジョルカは、同17分に右CKのチャンスを獲得。久保が再び正確なパスを送ると、セドラルが頭で合わせて3-0とリードを広げた。久保は後半22分までプレーし、チームは6-0と快勝している。

 データ分析会社「オプタ」の数値を基に展開するデータサイト「SofaScore」では両軍の採点を紹介。最高評価は2ゴールのセドラルで「9.2」となった一方、そのセドラルの2ゴールをアシストした久保は両軍2位の「8.6」と高評価を得ている。

 マジョルカは12月19日の第18節でグラナダと対戦する。年内最後の試合となるなか、調子を上げる久保が再び輝きを放つか注目だ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング