シャルケ板倉が「美しくゴール」 移籍後14戦目での初得点、華麗な一撃に海外誌注目

シャルケ日本代表DF板倉滉【写真:Getty Images】
シャルケ日本代表DF板倉滉【写真:Getty Images】

ニュルンベルク戦で華麗な連携からチーム4点目をマーク

 ドイツ2部シャルケは、現地時間12月10日に行われたホームでのリーグ第17節ニュルンベルク戦で4-1と勝利した。今夏に移籍した日本代表DF板倉滉は、後半アディショナルタイムに鮮やかなシュートを突き刺し、新天地14試合目で待望の初ゴールを奪った。

 板倉は2019年1月にイングランド1部マンチェスター・シティと契約。その後、期限付き移籍によりオランダ1部フローニンゲンで2シーズンを過ごし、今夏に元日本代表DF内田篤人氏もかつて所属したシャルケへレンタル(買い取りオプション付き)となった。

 3バックの中央で先発したニュルンベルク戦、3-1で迎えた後半アディショナルタイムに板倉に見せ場が訪れる。自陣からドリブルで持ち運び、味方とのワンツーでゴール前へ。最後はペナルティーエリア内に入ったところで右足をコンパクトに振り抜き、ゴール右隅へ鮮やかなシュートを突き刺し、移籍後初ゴールを挙げた。

 オランダのサッカー専門誌「Voetbal International」は「板倉が美しくゴール」と取り上げ、「板倉はフローニンゲンの3点目、4点目に絡んだ。チーム最後のゴールでは、ペナルティーアーク付近からゴール右側にボールを突き刺した」とそのプレーを称えていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド