リバプール南野、マルチポジション対応の現状を内田篤人が懸念 「スペシャルワンのほうが使われやすい」

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

サイド、中央問わずポリバレントにプレーできるが生き残りには独自の強みが必要と見解

 イングランド1部リバプールの日本代表FW南野拓実は現地時間12月7日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第6節ACミラン戦(2-1)でスタメン出場し、3センターハーフの一角で後半アディショナルタイムまで攻守に奔走した。センターフォワード、ウイングなどさまざまなポジションでプレーする南野について、元日本代表DF内田篤人氏は「器用貧乏で使われて終わってほしくない」と期待を寄せた。

 内田氏は現役引退後、日本サッカー協会(JFA)が新設した若年層の強化および普及に関わる「ロールモデルコーチ」に就任するとともに、「DAZN」の番組「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」のMCを務め、国内外の試合や欧州で戦う日本人選手の活躍を解説している。

 同番組の最新回「#61」では、内田氏と元日本代表FW佐藤寿人氏が、リバプール南野の今後についてそれぞれ見解を述べた。

 内田氏が「拓実はどういったところで違いというか、メンバー入りを狙えばいいですかね?」と尋ねると、佐藤氏は「(南野は)ライン間で受けるのもうまいし、何より途中から入ってゲームを終わらせる役割も求められる。逆に、点を取るというところでそこまでの役割がまだない」と指摘した。

 南野はサイド、中央を問わずポリバレントにプレーできるが、その万能さゆえに“最適ポジション”がどこなのかという疑問が現地メディアでも取り上げられている。

 内田氏は佐藤氏に意見に「そうなんですよね。そこが難しいですよね」と同調しつつ、自身の思いも述べている。

「ここ(のポジション)もできるからと言って使われるけど、結局一番手じゃないという。器用貧乏で使われて終わってほしくない。スペシャルワンのほうが使われやすいと思う」

 佐藤氏も、「ずっとリバプールにいるということは、それだけ評価されているということ。ただ、ここから1つ上に行くためには限られたなかで、(11月20日のプレミアリーグ第12節)アーセナル戦のような得点も求められる」と、ゴールでのアピールに期待していた。


【登録初月無料!】欧州で奮闘する日本人選手はDAZNでチェック!

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング