元日本代表FW山瀬功治、愛媛との契約満了をSNSで報告 「まだ現役を続けたいので次に向けて歩き始めます」

契約満了の提示を受けたJ2愛媛の山瀬功治【写真:Getty Images】
契約満了の提示を受けたJ2愛媛の山瀬功治【写真:Getty Images】

「チームに許可をもらった上」でリリースよりも先にファン・サポーターに報告

 J2愛媛FCの元日本代表FW山瀬功治は12月6日、チームから契約満了の提示を受けたことを自身のツイッターで告白。「まだ現役を続けたい」と意欲を覗かせている。

 2000年にコンサドーレ札幌(当時)でプロキャリアをスタートさせた山瀬は、浦和レッズを経て、2005年に横浜F・マリノスへ移籍。アタッカーとして成績を伸ばし、日本代表にも選出された。

 その後、川崎フロンターレ、京都サンガF.C.、アビスパ福岡と渡り歩き、19年に愛媛に加入。所属3年目の今季もリーグ戦27試合に出場したが、1ゴールに終わり、チームも20位で2006年にJFLから昇格以降、初のJ3降格となった。

 そのなかで、山瀬は12月6日、ツイッターで契約状況について報告を行った。

「先程チームから契約満了の提示を受けました。リリース時にきちんとコメントさせて頂きますが、動向を気にされているファン、サポーターの方も多かったので、チームに許可をもらった上で取り急ぎご報告させて頂いた次第です。まだ現役を続けたいので次に向けて歩き始めます」

 同世代に現役引退の選手が増えるなか、40歳の山瀬が次にプレーする地に注目が集まる。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング