「昨夜、コンビニで買った」 村上主審、槙野智章へ最後のイエローカード&粋なサプライズの舞台裏告白「公式記録に載せないで」

村上伸次氏が槙野にイエローカードを提示【写真:Getty Images】
村上伸次氏が槙野にイエローカードを提示【写真:Getty Images】

槙野がメッセージ入りシャツ姿を披露、村上主審が茶目っ気たっぷりのイエローカード

 今シーズン限りでトップリーグ担当審判員から勇退する村上伸次氏が自身のツイッターを更新。12月4日のJ1リーグ最終節、名古屋グランパス対浦和レッズ戦を担当し、花道のセレモニー時に浦和DF槙野智章に提示したイエローカードと槙野から受け取ったメッセージ入りシャツの舞台裏を明かしている。

 村上主審が担当した名古屋対浦和の一戦は0-0で終わり、試合直後には両軍の選手たちが列を作って並び、村上審判員に向けた花道を用意。そこで槙野がおもむろにユニフォームを脱ぎ、「村上さんの笑顔が僕たちを気持ちよくプレーさせてくれました。最高のレフェリングをありがとう! おつかれさまでした 浦和レッズ槙野智章」と手書きで書かれたアンダーシャツ姿を披露し、村上主審もイエローカードを提示するという茶目っ気たっぷりの行動を見せて会場を沸かせた。

 村上氏は自身のツイッターで「槙野さんにイエローカードは出しましたが公式記録には載せないでくださいとお願いしました」と綴り、槙野へのイエローカードに言及。実際、公式記録にもカード提示は記録されていない。

 また槙野から受け取ったメッセージ入りのシャツを公開し、「試合後、槙野さんからお話を聞きました。昨日の夜、コンビニでTシャツとマジックを買ってみんなで相談してコメントを書きました!と言われ涙が止まりませんでした。本当にありがとうございました」とサプライズの舞台裏も紹介している。

 別会場では、同じく今シーズン限りでトップリーグ担当審判員から勇退する家本政明氏が横浜F・マリノス対川崎フロンターレを担当し、有終の美を飾った。2人の名審判員に選手、サポーター、スタッフたちから惜しみない拍手が送られ、今季を彩る名シーンとなっている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング