「審判はセルティックを助けた」 元レンジャーズFWが古橋のゴールにオフサイド主張

セルティックFW古橋亨梧【写真:Getty Images】
セルティックFW古橋亨梧【写真:Getty Images】

元スコットランド代表FWボイド氏はVARがないことを問題視したうえでオフサイドを主張

 スコットランド1部セルティックの日本代表FW古橋亨梧は、現地時間12月2日に行われたリーグ第16節ハーツ戦で決勝ゴールを挙げ、1-0の勝利に導いた。古橋らしい技ありの動きでネットを揺らしたが、元スコットランド代表FWクリス・ボイド氏は「審判はセルティックを助けた」とオフサイドを主張している。スコットランド紙「デイリー・レコルド」が伝えた。

 3試合連続スタメン出場で3トップの中央に入った古橋は、前半33分にネットを揺らす。敵陣で巧みなパスワークを見せたセルティックは、スコットランド代表DFアンソニー・ラルストンが右サイドから鋭いクロスを供給。相手最終ラインの裏を突いて、ニアに飛び込んだ古橋が右足ダイレクトで合わせ、先制ゴールを奪った。

 今夏にセルティックに加入した古橋はこれで公式戦14ゴール目、リーグ戦では8ゴール目となった。セルティックはその後、ラルストン、DFスティーブン・ウェルシュ、MFジョタが負傷で交代するアクシデントに見舞われたが、古橋が決めた1点を守り切って勝利した。

 英公共放送「BBC」などでは、古橋のゴールは「物議をかもす決勝弾」と伝えられている。ラルストンからクロスが入る際の古橋のポジションがオフサイドではないかと、議論が巻き起こっているのだ。

 セルティックのライバルクラブであるレンジャーズOBのボイド氏は、「審判はセルティックを助けた」とオフサイドを主張。セルティック所属歴を持つ元ブルガリア代表MFスティリアン・ペトロフ氏から「オンサイドかオフサイドか、我々は推測しかできない」との見解を受けても、自らの意見を貫いた。

「オフサイドだ。疑いの余地はない。このリーグにVARはないが、間違いない。スコットランドのサッカーにはVARが必要だ。多くの判定が間違っている。キョウゴの体は前に傾いている」

 スコットランドリーグにはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入されていないなか、ボイド氏はオフサイドに疑いの余地はないとゴールに異議を唱えていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド