【Jリーグ去就動向】MF高橋義希が現役引退…鳥栖に計16年在籍 栃木の田坂監督が退任

今シーズン限りで現役を引退する鳥栖MF高橋義希【写真:Getty Images】
今シーズン限りで現役を引退する鳥栖MF高橋義希【写真:Getty Images】

鳥栖で16年、仙台で2年プレーした高橋義希の引退発表

 J1のサガン鳥栖は12月1日、MF高橋義希が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

【移籍一覧】Jリーグ全56クラブ「2021-22|退団・戦力外&新加入選手」

 高橋は松商学園高校を経て、2004年に当時J2の鳥栖へ加入。10年に仙台へ移籍し、2シーズンにわたってプレー後、12年には鳥栖へ復帰した。これまでのキャリアで、J1リーグ267試合出場6ゴール、J2リーグ242試合20ゴールを記録している。

 12月4日のヴィッセル神戸戦後に引退セレモニーが実施され、同選手のコメントはその場で伝えられるとしている。

 またJ2栃木SCは同日、田坂和昭監督が今シーズンをもって退任することになったと発表した。同監督は19年シーズンから3年指揮。「3年間共に戦ってくれたサポーター、スポンサーの皆さま、選手・スタッフ・関係者、全ての皆さまに感謝しています」とコメントしている。

【12月1日発表、その他の主な移籍動向】
■藤枝MYFC
GK大杉 啓(契約満了→未定)
DF稲積大介(契約満了→未定)
DF森本大貴(契約満了→未定)

■鹿児島ユナイテッドFC
GK岩﨑知瑳(契約満了→未定) 

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング