南野拓実、マネ、ケイタが特別企画で共演 日本の名物「お好み焼き」を食べた感想は?

リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:AP】
リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:AP】

日本のお好み焼き、セネガルのファタヤ、ギニアのイェティヤを食べて採点

 イングランド1部リバプールのクラブ公式ツイッター日本語版が、日本代表MF南野拓実、セネガル代表FWサディオ・マネ、ギニア代表MFナビ・ケイタによるスペシャル企画の模様を公開している。

「食べる喜び」

 このように銘打たれた動画では、南野、マネ、ケイタがそれぞれの出身地域のローカルフードを食べ、どの料理が一番人気だったかを決定。「お好み焼き」(日本のおかずパンケーキ)、「ファタヤ」(セネガルの揚げ餃子)、「イェティセ」(ギニアの伝統的な煮込み料理)を3人が味わう様子が収められている。

 南野はお好み焼きについて、「これはお好み焼きという料理なんだ。僕が今よりも若い時にお母さんがこういうお好み焼きを作ってくれた。日本に帰国した時はいつも家族と食べるようにしているんだ」と説明。南野、マネ、ケイタともに「9点」をつけ、ケイタは「とても美味しいよ。もう少し食べたいな」と気に入った様子を見せた。

 セネガル出身のマネは、ファタヤについて「お母さんが大好きなんだ。うちで家族のために作ってくれた」と言及し、南野とマネが「9点」、ケイタが「8点」をつける結果に。ギニア料理のイェティセを食べた南野は「スパイシーだね」と感想を述べ、「9点」をつけた(ケイタが9点、マネは8点)。

 3人はかつてオーストリア1部ザルツブルクに所属していた共通点もあって会話からも仲の良さが伝わってきて、ファンからは「むちゃくちゃいい企画」「ほっこり」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング