「最高の連係弾」 リバプール南野、本拠地“投入48秒弾”に反響拡大「拓実の大インパクト」

アーセナル戦でゴールを決めたMF南野拓実【写真:Getty Images】
アーセナル戦でゴールを決めたMF南野拓実【写真:Getty Images】

アーセナル戦の交代直後のファーストプレーで南野拓実が本拠地初ゴール

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間11月20日のプレミアリーグ第12節アーセナル戦(4-0)で途中出場し、待望の今季リーグ戦初ゴールを奪った。投入後のファーストタッチで決めた南野の“48秒弾”にクラブも注目し、「48秒でインパクトを与える方法」と動画を公開している。

 試合はリバプールが前半から優位に進め、同39分にセットプレーからFWサディオ・マネがヘディングで先制ゴール。さらに後半7分にはFWディオゴ・ジョッタ、同28分にはFWモハメド・サラーが追加点を奪い、リバプールが3-0とリードを広げた。

 後半31分、ベンチスタートだった南野がジョッタとの交代でピッチに立つと、日本人アタッカーがファーストプレーで魅せる。南野の投入直後、マネからサラー、そして右サイドのDFトレント・アレクサンダー=アーノルドへとつないでリバプールが攻め込み、最後はグラウンダーのクロスをファーサイドに走り込んだ南野が押し込んだ。

 わずか48秒の電光石火弾で、南野にとって本拠地アンフィールドで待望の初ゴール。クラブ公式ツイッターは「48秒でインパクトを与える方法」と記して、南野のゴール映像を紹介している。

 ファンから「最高の連係弾」「驚いた」「拓実の大インパクト!」「ゴールをもっと見たい」などのコメントが寄せられていた。今季の南野はEFLカップで2試合3ゴールの結果を残していたなか、アーセナル戦でリーグ戦初ゴールを奪い、さらなる活躍に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング