長谷部誠は「苦手じゃない」 本田圭佑が激白、“元代表キャプテン”へ抱く印象とは?

元日本代表MF本田圭佑【写真:Getty Images】
元日本代表MF本田圭佑【写真:Getty Images】

3学年上の長谷部に関して「尊敬しているし、凄いなと思っている」と回答

 元日本代表MF本田圭佑は今夏、自身9カ国目となるリトアニアのスドゥバへ移籍し、デビュー戦でいきなりゴールを決めるなど、存在感を発揮している。毎週、公式YouTubeチャンネルでのライブ配信で、ファンとQ&Aを行うことが恒例となっているなか、日本代表で長く共闘したMF長谷部誠(フランクフルト)について答えている。

 Jリーグの名古屋グランパスでプロキャリアをスタートさせた本田は、2008年に海を渡り、オランダのVVVフェンロへ。以降、ロシアのCSKAモスクワ、イタリアのACミラン、メキシコのパチューカ、オーストラリアのメルボルン・ビクトリー、オランダのフィテッセ、ブラジルのボタフォゴ、アゼルバイジャンのネフチ・バクーでプレーし、今年9月にリトアニアのスドゥバと契約を結んだ。

 日本代表としても98キャップを刻み、ワールドカップ(W杯)で史上6人目となる3大会連続でゴール&アシストを記録するなど、その百戦錬磨ぶりは現役トップクラスの本田。5日に行ったYouTubeのライブ配信の中で、「本田選手が苦手な長谷部選手の出身である静岡に住んでいます。本田選手がチームや価値観が違う人のために取り組んでいることはありますか?」との質問に対し、「まず全然苦手じゃない」と苦笑いしながら、長谷部について語った。

「(長谷部とは)価値観が違う、考えが違うだけで苦手ではない。なんだったら好きやし、尊敬しているし、凄いなと思っている。これからも頑張ってほしいし、陰ながら応援している。マコ(長谷部)は将来、フランクフルトに残ってドイツで活躍するのか、日本に帰ってきて何かするのか、本人が決めることなので分からないけど、選手として以外にも大成功する人だと思う」

 35歳の本田と37歳の長谷部は2010年南アフリカW杯、14年ブラジルW杯、18年ロシアW杯を含め、多くの日本代表戦で共闘。3学年上の熟練ボランチに最大限のリスペクトを示していた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング