「なんでこんなに…」 スペイン人MF、「日本を発見中」名所オフショットに称賛の声

神戸MFセルジ・サンペール【写真:井上智博】
神戸MFセルジ・サンペール【写真:井上智博】

来日3シーズン目のサンペール、今季リーグ戦で27試合に出場

 来日3シーズン目を戦うヴィッセル神戸のスペイン人MFセルジ・サンペールが自身のSNSを更新。日本の観光スポットで撮影したオフショットを投稿し、「ナイスガイ」「なんでこんなにかっこいいのよ」と話題を呼んでいる。

 今季ここまでリーグ戦で27試合に出場し、3位につけるチームの中盤を支えているサンペール。攻守において欠かせない存在となっているなか、「まだまだ日本を発見中 #Ikutajinja」と記して写真をアップした。

 黒のシャツにデニム、スニーカーを合わせたカジュアルコーデで登場。生田神社の生田稲荷大明神で撮影した写真には、朱色の鳥居が整然と連なっており、満足そうな表情を浮かべるスペイン人MFが写っている。

 ファンから「日本を楽しんで」「ナイスガイ」「ずっと神戸にいて」「なんでこんなにかっこいいのよ」などのコメントが寄せられた。

 以前、海外サッカーサイト「BeSoccer」スペイン版では、「日本ではすべてが異なる。私が大好きなのは、人々への尊敬、外国人への接し方だ。彼らはすべてに感謝し、礼儀正しい」と語るサンペールの言葉を紹介。日本人の振る舞いを絶賛し、事あるごとに日本愛を口にするサンペールの“日本探索”はまだまだ続きそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド