「タキは頭のいい選手」 南野拓実の2ゴール&“万能性”をクロップ監督が絶賛

ノリッジ戦で2ゴールを決めたMF南野拓実(写真中央)【写真:AP】
ノリッジ戦で2ゴールを決めたMF南野拓実(写真中央)【写真:AP】

カラバオ杯ノリッジ戦で2ゴール、クロップ監督も高評価「今日のタキはとても強かった」

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間21日のカラバオカップ(リーグカップ)3回戦のノリッジ・シティ戦に先発フル出場し、2得点で3-0の勝利に貢献した。チームを率いるユルゲン・クロップ監督も、「タキは頭のいい選手」とその活躍を絶賛している。

 今季公式戦初出場となった南野は、前半4分に左コーナーキックのチャンスでFWディボック・オリギの落としから素早い反転シュートを決めて先制ゴールをマーク。さらに2-0で迎えた後半35分には、MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンとのパス交換からエリア内に侵入し、この日2点目のゴールを決めた。

 南野の2得点とオリギのゴールによって、リバプールは3-0で快勝した。クロップ監督はこれまで出場機会がなかった南野について「彼は代表で怪我をして、戻ってきてもすぐにはフィットしなかった」とコンディション不良で起用できなかったと説明。そのうえで、起用に応える会心のパフォーマンスを見せたことについて、「タキはいい時期にいる。いいトレーニングをしていた。2ゴールにふさわしい」と絶賛した。

「1点目は本当に良い意識と素早い判断力を生かしたフィニッシュだった。2点目は100%見えたわけではないが、ボックス内でのわずかなスペースでの加速が素晴らしかった。彼はプレシーズンから好調だった。試合に出て、それから怪我をして、今は残りのシーズンが始まった。心配する必要はない。タキは大丈夫だ」

 この試合、左サイドでスタートした南野だが、後半には中盤へポジションを変更。複数のポジションでプレーできる強みを発揮した。クロップ監督は、そのユーティリティー性も高く評価した。

「(MFへのポジションチェンジについて)今日のタキはとても強かったので、ミッドフィールドに彼が必要だった。我々はハーフスペースを上手く使えていなかった。オックスレイド(=チェンバレン)には左サイドでもう少し自由にプレーしてほしかった。それは彼がよりゲームに参加できるようにするためだった。タキは頭のいい選手で、様々なポジションでプレーできる。それが理由です」

 今季初出場で持ち味を存分に発揮した南野。出場機会の確保に向けて十分なアピールに成功したと言えるだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング