新ユニモデル担当の南野拓実、珍しい“バケットハット姿”に注目 「マジカッコいい」

リバプールでの活躍が期待されるMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールでの活躍が期待されるMF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプールの3rdユニフォームモデルの1人を務め、華麗に着こなして撮影に応じる

 プレミアリーグの強豪リバプールは、9月8日に2021-22シーズンのサードユニフォームを正式発表した。クラブ公式ツイッターが公開したモデル動画では、ほかの選手たちと同様に日本代表MF南野拓実がバケットハットをかぶって撮影に応じる姿も収録されている。

 今回発表された新サードユニフォームは、大胆な黄色をベースとしているのが最大の特徴。事前に、デザインがリークされた際には、「マクドナルド」を引き合いに、その奇抜さが反響を呼んでいた。

 8日に正式発表され、リバプール公式サイトでは黄色は1950年代後半か何回か採用され、「人気があったカラー」と紹介されている。

 クラブ公式ツイッターでは、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソン、セネガル代表FWサディオ・マネ、20歳のイングランド人MFカーティス・ジョーンズ、新加入のフランス人イブラヒマ・コナテ、元カメルーン代表DFジョエル・マティプらとともに、南野が新ユニフォームを着こなす動画も掲載。普段では見られない、バケットハット姿も収められている。

 今季はリーグ戦3試合にベンチ入りするもここまで出番がなく、9月の日本代表活動でもカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選オマーン戦(0-1)は怪我で欠場し、その後チームを離脱するなど苦しい時を過ごしているが、投稿のコメント欄には、日本や海外のファンから多くの反応が寄せられている。

「南野はマジでかっこいい」
「アイドルみたい」
「南野も出ていていい感じ」
「もはやファッションモデルばりの風格」
「南野かわいい」

 南野としてはこの好評を追い風に、ピッチでもしっかりとアピールしたいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング