名将ヒディンク、監督業の引退を発表 日韓W杯で韓国指揮、レアルで世界一に

韓国代表などで監督を務めたフース・ヒディンク【写真:Getty Images】
韓国代表などで監督を務めたフース・ヒディンク【写真:Getty Images】

欧州名門クラブや代表監督を歴任、2002年W杯で韓国を4位へ導く

 韓国代表などで監督を務めたオランダ人指導者フース・ヒディンク氏が、監督業からの引退をオランダのTV局「SBS6」で発表した。

 ヒディンク氏は新型コロナウイルスに感染して6月のキュラソー代表監督としての試合で、スペインの強豪バルセロナで役職に就いていた現役時代の教え子でもあるパトリック・クライファート氏に監督代行を依頼していた。

 その後、ヒディンク氏とキュラソーサッカー連盟の話し合いが行われ「私は完全に引退する。キュラソー連盟の会長と私の将来について話し合ったが、彼らは新しい道を歩み始めているので、私は辞めたほうが良いということになった」と、その結論について話した。

 欧州名門クラブや代表監督として、これまで通算で750試合以上のベンチに座り、オランダの名門PSV時代には欧州王者、レアル・マドリードを率いてクラブ世界一になった経験を持つ。2002年の日韓ワールドカップ(W杯)では韓国代表を率い、4位へ導いた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング