「もう一回やれることを証明したい」 カルタヘナ岡崎慎司が入団会見で語った”決意”

スペイン2部カルタヘナに加入したFW岡崎慎司【写真:FC Cartagena】
スペイン2部カルタヘナに加入したFW岡崎慎司【写真:FC Cartagena】

9日に入団会見を実施「チームと何か良い目標を達成できるようにしたい」

 スペイン2部カルタヘナに加入した元日本代表FW岡崎慎司が、現地時間9日に入団会見を実施。「もう一回やれることを証明したい」と強い思いを口にした。

 岡崎は憧れだったスペインでプレーするチャンスを掴み、昨季まで2シーズン、ウエスカに所属。一昨季は2部、昨季は1部でシーズンを戦ったなか、チームは2部降格となり、岡崎も退団が発表されて所属先のない状態になっていた。

 今夏の移籍市場最終日となった先月31日、スペイン2部カルタヘナと契約し、新たなスタートを切ることになった。

 すでにカルタヘナに合流して練習を行っていたなか、9日に入団会見を実施。なぜカルタヘナを選んだか、という質問に対しては、欧州でのプレーにこだわりがあったことを明かしている。

「希望はヨーロッパで続けたいというところで、ご存じの通りこのコロナ禍の中でなかなか移籍市場も動いていなくて、最後の最後までチームがないなかで、カルタヘナからオファーをいただいた。(スペイン)2部ではやったことがあるので、あそこでプレーできるという気持ちになれた」

 2019-20シーズンには2部で12ゴールを挙げ、昨季は1部で24試合に出場。スペイン挑戦3年目を迎えるなかで、「自分がもう一回やれることを証明したい」と思いを口にした。

「まずカルタヘナというチームに良い影響を与えられるように、結果もそうだし、個人としてもゴールで貢献できるように頑張りたい。2部と言っても厳しい競争があるのは一度やって分かっているので、そのなかで自分がもう一回やれることを証明したい。1試合1試合勝利を目指せるチーム、自分が今までやってきたことがチームに良い影響をもたらせるように、最後にチームと何か良い目標を達成できるようにしたい」

 35歳の侍ストライカーは、スペイン2部でカルタヘナとともに、新たな挑戦に臨む。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング