セルティック古橋に対する人種差別に韓国も反応 「東洋人を揶揄する行為をした」

セルティックでプレーするFW古橋亨梧【写真:Getty Images】
セルティックでプレーするFW古橋亨梧【写真:Getty Images】

レンジャーズファンが古橋に向けた人種差別的な内容の歌唱やジェスチャーを行う

 スコットランドの名門レンジャーズは、サポーターが宿敵セルティックに加入した日本代表FW古橋亨梧に対する人種差別行為を行ったとされる映像について調査を開始。同じアジアの韓国メディアも「東洋人を揶揄する行為をしたことが分かった」と報じている。

 レンジャーズは現地時間22日に敵地でロス・カウンティと対戦(4-2)。その試合に向かうサポーターが会場に向かうバスの中で、ここまで公式戦7試合で6得点を決めているセルティックの古橋に対する人種差別的な内容の歌を歌い、さらにはつり目ポーズをしていることが問題となっている。

 英公共放送「BBC」によれば、レンジャーズのスポークスマンは「レンジャーズはあらゆる形の人種差別を非難する」と人種差別を断固として許さない姿勢であることを主張し、「我々は現在、関係者を特定するために調査を行っている」と語っているという。

 また、セルティックも公式ツイッターで、「もし報道が正確であれば、我々は古橋亨梧に対する病的で哀れな人種差別行為は非難に値する」と声明を出している。

 韓国のスポーツ・芸能総合サイト「OSEN」は、「レンジャーズの一部ファンが、フルハシに対して東洋人を揶揄する行為をしたことが分かった。応援団はバスの中で、アジア人差別を意味するジェスチャーをし、人種差別的な内容の歌を歌った。この動画が拡散されたのだ」と言及。スポーツ・芸能総合サイト「スポータルコリア」は、「スコットランドでプレーする日本人ストライカーに人種差別…現在調査中」と見出しを打って伝えている。

 つり目ポーズは、これまでサッカー界で何度も波紋を呼ぶ事件があっただけに、騒動の沈静化には時間がかかりそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング