44歳でも現役続行に意欲 ブラジル人元Jリーガーが日本で学んだ“サムライ魂”

G大阪などで活躍したブラジル人ストライカーのアラウージョ【写真:Getty Images】
G大阪などで活躍したブラジル人ストライカーのアラウージョ【写真:Getty Images】

【あのブラジル人元Jリーガーは今?】アラウージョ(元清水、G大阪):前編――スピードと決定力を武器に活躍

 2004年の清水エスパルス、05年のガンバ大阪とJリーグでのプレーはわずか2年間だったにもかかわらず、ブラジル人ストライカーのアラウージョは強烈な印象と記録を残した。

「サムライ」のニックネームで愛されたアラウージョは現在、故郷であるブラジル北東部ペルナンブーコ州に住んでいる。新たなキャリアへの準備を進めるとともに、44歳の今もなお、現役への尽きることなき情熱を燃やし、トレーニングに励む日々を送っている。

 アラウージョはG大阪での2005年シーズンを終えた後、ワールドカップ出場の夢を追い、母国ブラジルでプレーするために日本を離れた。その夢こそ叶わなかったものの、クルゼイロやアトレチコ・ミネイロ、来日前の古巣ゴイアスなど、ブラジルのビッグクラブや、カタールのアル・ガラファで4年間を過ごすなど、38歳まで現役としてプレーを続けた。

「日本の2チーム以外で一番心に残るのは、ここブラジルのアトレチコ・ミネイロ。南米最高峰のクラブ選手権であるリベルタドーレス杯で優勝したんだ。僕もほとんどの試合に出て、貢献できた。それに、あのロナウジーニョ・ガウーショと一緒にプレーしたんだからね。僕のデビュー戦から、すでに特別な経験だった。ミナスジェライス州選手権のクラシコ、クルゼイロ戦。ロナウジーニョとの連携で、初ゴールを決めたんだ。ロナウジーニョと抱き合い、肩を組んで祝う映像や写真が、一斉に報道されたものだよ」

 日本でのアラウージョは、2005年にJリーグで33ゴール、ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)で6ゴールと得点王を獲得する活躍のなかで、万能型FWとの評価が高かった。スピードに乗ったドリブルを得意とし、技術的なクオリティーも高い。ボールコントロールに長け、ファーストタッチでゴールを決められる。そして、アシストも多い。

 そんな彼が、これほど息長く現役を続けられたのは、日本での経験のおかげだと言う。

「僕のプレーの特長の一つは、スピードと決定力。そして、そのスピードを、チームの戦術やプレースタイルの中で生かすというのは、日本で学んだことだと言える。それに例えば、ボールを奪われても取り戻すためにすぐに動くとか、前線から守備もする、ほかの選手をサポートするなど、ブラジルではやっていなかったタイプの動き方も身に付けられた。それが、日本を去った後も、僕を大きく手助けしてくれた。日本に行って、僕のプロ人生は大きく変わった。すごく成長できたんだ」

藤原清美

ふじわら・きよみ/2001年にリオデジャネイロへ拠点を移し、スポーツやドキュメンタリー、紀行などの分野で取材活動。特に、サッカーではブラジル代表チームや選手の取材で世界中を飛び回り、日本とブラジル両国のテレビ・執筆などで活躍している。ワールドカップ6大会取材。著書に『セレソン 人生の勝者たち 「最強集団」から学ぶ15の言葉』(ソル・メディア)『感動!ブラジルサッカー』(講談社現代新書)。YouTubeチャンネル『Planeta Kiyomi』も運営中。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」