レアル中井、Bチーム2戦連続出場に専門メディア注目 「ラウールはレベルに驚いている」

レアル・マドリードでの活躍が期待されるMF中井卓大【写真:松岡健三郎】
レアル・マドリードでの活躍が期待されるMF中井卓大【写真:松岡健三郎】

フエンラブラダ戦で後半18分から出場して終盤に華麗なテクニックでチャンスを演出

 スペインの名門レアル・マドリードの下部組織に所属する17歳のMF中井卓大は、レアルのBチームにあたるカスティージャのフレンドリーマッチに2試合連続で途中出場した。専門メディアも「カンテラの“新しいクボ”」「誰も止めることができない素晴らしいテクニック」と注目している。

 中井はスペインの名門レアルの下部組織に9歳から加入。インファンティールA(U-14相当)、カデーテB(U-15相当)、カデーテA(U-16相当)、フベニールC(U-17相当)と順調に階段を上り、昨季はフベニールB(U-18相当)に所属していたなか、レアル下部組織の公式ツイッターとインスタグラムでは先日、「フベニールA 新シーズンの準備はできている!」の一文とともに、始動初日の映像を公開。そのなかで中井が軽快なボールタッチや、スタッフと笑顔で挨拶する姿が収められており、公式サイトではまだ発表されていないものの、フベニールA(U-19相当)に昇格したと見られていた。

 そんな中井は、7月31日に行われたフベニールAのさらに一つ上のカテゴリーにあたるカスティージャのフレンドリーマッチ・レガネス戦(スペイン2部)に後半32分から途中出場。レアルの”英雄”で元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏が率いるカスティージャでデビューを飾ったことは、現地メディアでも大きな注目を浴びた。

 中井は、8日に行われたフエンラブラダ戦(0-1)でも後半18分から途中出場すると、試合終盤に見せ場を作る。敵陣左サイドでボールを受けると、相手のマークに遭いながらもペナルティーエリア(PA)付近まで前進。そこから華麗なステップでマッチアップした2人の間を縫うように突破した後、PA内から味方へラストパスを供給した。味方のシュートは大きくゴール枠を外れてしまったが、創造性のあるテクニックでインパクトを残した。

 レアル専門メディア「Defensa Central」は、「カンテラの“新しいクボ”であるナカイは、ラウールを驚かせ、主演を目指す」と見出しを打ち、日本代表MF久保建英(11日にマジョルカへのレンタルが正式決定)を引き合いに出してフォーカスしている。

「すでにカスティージャデビューし、センセーションを見せている。ラウールはナカイをカスティージャのプレシーズンに連れて行くことを躊躇しなかった。現時点で、ラウールはナカイが示すレベルに驚いている。足元にボールがある時、多くの知性を秘めている。(フエンラブラダ戦では)相手をかわし、誰も止めることができない素晴らしいテクニックを見せた」

 プレシーズンながらカスティージャで出場機会を掴み、現地メディアの注目度もこれまで以上に高まっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング