「異次元プレーヤー3傑」を名古屋DF丸山が選出 衝撃を受けた“化け物級”FWとは?

怪我で離脱中の名古屋の丸山祐市【写真:Getty Images】
怪我で離脱中の名古屋の丸山祐市【写真:Getty Images】

プロで対戦した選手の中から、衝撃的な印象を受けた3選手をセレクト

 今季でプロ10年目、日本代表経験も持つJリーグ屈指のセンターバックの1人である名古屋グランパスDF丸山祐市の脳裏には、3人の“異次元プレーヤー”が存在している。まるで敵わなかった、とにかく凄かった……。記憶の刻まれ方はそれぞれに異なるが、その言語化された感覚はどれも興味深い。(取材・文=今井雄一朗)

   ◇  ◇  ◇

 印象的な対戦相手として、まず挙がったのがダヴィだ。コンサドーレ札幌から名古屋グランパス、中東を経由して鹿島アントラーズでも活躍したブラジル人ストライカーは、大卒2年目の丸山にとっては化け物でしかなかったという。

「自分からぶつかっていっても逆に跳ね飛ばされてしまうような強さがあって、スピードがあって、得点能力もあって。『この人、異次元だな』と思ったのを覚えています」

 確かにその身体能力は名古屋時代も際立っていた。まだまだプロとしての体づくりの真っ最中だった若手にとっては、少々ショッキングなマッチアップだったというのは納得のいくところだ。

 ただしダヴィのインパクトは成長過程の丸山が感じたものであり、真の凄みを感じたという意味で言えば、それは十分に経験を積んだ現在の丸山が感じたアンドレス・イニエスタのほうが上かもしれない。

 言わずと知れた世界的名手の凄さは、丸山も「とりあえず“凄い”です」と語彙を失ってしまうほど。もう少し具体的にと話を掘り進んでいくと、DFにとってのイニエスタの嫌らしさ、目立たないところで確保しているアドバンテージがあることが見えてきた。

「イニエスタ選手は常に顔が上がっていますし、ボールを置く位置も上手い。なんと言うかすごく、こちらの考えを見透かされているような感じがするんです。彼を見ると次のことを考えてプレーしている感じがするので、そこに変に食いついて取りに行くと抜かれてしまう可能性を感じてしまう。ボールを持っている選手があんなに顔を上げてプレーしているというのは、いろんなところを見ているということ。僕らの対応としても、そういう部分にも注意をすることになるんです。リーチを生かして奪いに行く? それもなかなか難しいです」

page1 page2 page3

今井雄一朗

いまい・ゆういちろう/1979年生まれ。雑誌社勤務ののち、2015年よりフリーランスに。Jリーグの名古屋グランパスや愛知を中心とした東海地方のサッカー取材をライフワークとする。現在はタグマ!にて『赤鯱新報』(名古屋グランパス応援メディア)を運営し、”現場発”の情報を元にしたコンテンツを届けている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  5. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  6. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  7. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  8. 英記者が日本代表の4選手に低評価「ポジションを失った」「クオリティーが足りない」 エクアドル戦先発11人の採点は?

  9. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  10. 「カッコいい」「ヤバい!!」 吉田麻也、高級SUV車との佇まいが“お似合い”と話題 スーツ着用で報告「モデルもイケますね」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」