「クロップってまじでいい人」 リバプール南野、“卓球大会”で監督とペアを組み話題

リバプールのクロップ監督と南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールのクロップ監督と南野拓実【写真:Getty Images】

リバプール公式SNSが投稿、選手&スタッフが真剣勝負の卓球大会を実施

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、プレシーズンマッチで2試合連続ゴールを決めるなど、プレミアリーグ3年目の開幕を前にコンディションの良さを示している。充実した日々を過ごすなか、クラブ公式ツイッターはレクリエーションの一環として行われた卓球大会の模様を公開。そのなかで南野がペアを組んだ相手が話題となっている。

 昨季途中にサウサンプトンへ期限付き移籍した南野は、レンタル期間満了に伴いリバプールへ復帰。プレシーズンはチームの一員として、キャンプに参加している。サウサンプトンでは加入直後にゴールを記録するも徐々に失速。現地メディアでは放出候補として取り沙汰されるなど去就が不透明な状況が続くが、現地時間7月29日のヘルタ・ベルリン戦、8月5日のボローニャ戦でともにゴールを決めるなどアピールしている。

 チームも14日のプレミアリーグ開幕に向けて調整を進めるなか、クラブ公式ツイッターはレクリエーションの一環として“卓球大会”が行われた模様を公開。リバプールでは以前にも、エジプト代表FWモハメド・サラーとクロアチア代表DFデヤン・ロブレン(現ゼニト)が真剣勝負を繰り広げる動画を投稿して話題を呼んでいたが、今回は広い部屋に卓球台を並べて選手やスタッフがダブルスを組み、熱い戦いが繰り広げられたようだ。

 リラックスムードで笑い声も絶えないものの、ラケットを握る各選手の表情は東京五輪に出場したアスリートのように真剣そのもの。熱戦が繰り広げられるなかで注目は、南野が組んだパートナーだ。映像ではユルゲン・クロップ監督とペアを組んでプレーする南野の姿が捉えられていた。上機嫌のクロップ監督が南野とハグするシーンもあり、楽しいひと時を過ごしたようだ。

 ファンも「みんな卓球上手い」「ほんとに楽しそう」「めちゃくちゃ雰囲気良いな」「クロップってまじでいい人」「監督と選手の距離が近い」などと反応。リバプールは良い雰囲気のなかで、新シーズンの開幕を迎えられそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング