「”新たな久保”が風穴」 レアル中井の”Bチームデビュー”に現地注目「大きな進歩」

レアル・マドリードでの活躍が期待されているMF中井卓大【写真:松岡健三郎】
レアル・マドリードでの活躍が期待されているMF中井卓大【写真:松岡健三郎】

レアル"Bチーム"に相当するカスティージャでデビュー、17歳MF中井にスペイン熱視線

 スペインの名門レアル・マドリードの下部組織に所属する17歳のMF中井卓大は、現地時間7月31日に行われたカスティージャ(Bチーム)のフレンドリーマッチ・レガネス戦(0-1)に途中出場し、レアル”Bチームデビュー”を果たした。名門クラブの育成組織で順調に成長を遂げている姿に、現地メディアは「”新たな久保”がマドリードに風穴を開ける」と熱視線を送っている。

 中井はスペインの名門レアルの下部組織に9歳から加入。インファンティールA(U-14相当)、カデーテB(U-15相当)、カデーテA(U-16相当)、フベニールC(U-17相当)と順調に階段を上り、昨季はフベニールB(U-18相当)に所属していた。

 レアル下部組織の公式ツイッターとインスタグラムでは先日、「フベニールA 新シーズンの準備はできている!」の一文とともに、始動初日の映像を公開。そのなかで中井が軽快なボールタッチや、スタッフと笑顔で挨拶する姿が収められており、公式サイトではまだ発表されていないものの、フベニールA(U-19相当)に昇格したと見られている。

 そして7月31日、フベニールAのさらに一つ上のカテゴリーにあたるカスティージャのフレンドリーマッチ・レガネス戦(スペイン2部)に後半32分から途中出場。「17番」を背負い、カスティージャ所属のMFカルロス・ドトール・ゴンザレスに代わって中盤3枚の一角に入ると、ボールを受けて捌き、果敢に飛び出していくなど精力的に動いた。

 レアルの”英雄”で元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏が率いるカスティージャでデビューを飾ったことは、現メディアでも大きな注目を浴びている。スペイン大手紙「AS」は、「ナカイ、クボの後を追う」と見出しを打ち、「17歳のタクヒロ・ナカイはもう『ピピ』と呼ばれることを望んでいない」と報じ、一人前の選手へと成長を遂げつつあることを指摘している。

 さらに、レアル専門メディア「Defensa Central」もトップチームに在籍するMF久保建英を引き合いに「”新たな久保”がマドリードに風穴を開ける:ラウール率いるカスティージャでデビュー」と見出しが打たれた記事の中で、中井のレアルBチームデビューに注目。「まだ若いのでユースのカテゴリーに入っている。しかし、彼はすでにラウール率いるカスティージャでデビューすることができており、これは大きな進歩である」とし、これまでにトップチームの練習にも参加している事実を踏まえ「彼を特別な才能として見ていることを意味する」と綴っている。

 トップチームへ昇格するには「まだ努力が必要」とも指摘されているが、名門クラブの中で順調な歩みを進める姿に一目置かれているのは間違いなく、さらなる飛躍に注目が集まる。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド