無念の五輪8強敗退 韓国代表OB、母国の”敗因”指摘「ワンサイドではなかったが…」

韓国は守備が崩壊してメキシコに及ばず【写真:AP】
韓国は守備が崩壊してメキシコに及ばず【写真:AP】

日韓W杯のメンバーであるヒョン・ヨンミン氏がメキシコ戦を分析

 U-24韓国代表は7月31日に行われた東京五輪サッカー男子の準々決勝でメキシコに3-6で敗れ、ベスト8で姿を消した。守備が崩壊し、キム・ハクボム監督は試合後、「選手たちではなく、監督である私の責任」と語ったが、代表OBは「経験不足が敗因につながった」と指摘している。韓国紙「ハンギョレ」が伝えた。

 B組首位通過の韓国は、A組2位のメキシコと対戦。前半12分、サイドからのクロスをゴール前に折り返され、FWエンリ・マルティンに押し込まれて先制を許す。韓国も前半20分、10番を背負うMFイ・ドンギョンがペナルティーエリア外から強烈な左足ミドルを突き刺し、同点に追いつく。

 しかし、前半30分にメキシコFWルイス・ラモに華麗なトラップ&ダイレクトボレー弾決められて勝ち越されると、同37分にはPKを献上して2点ビハインドで前半を折り返した。

 後半6分にイ・ドンギョンがペナルティーエリア内左から強烈な左足シュートを突き刺して1点差に詰め寄ったが、そのわずか3分後に失点。後半18分にメキシコMFセバスティアン・コルドバに強烈なミドルを叩き込まれると、同39分には途中出場のFWエドゥアルド・アギーレにダメ押しの6点目を奪われた。守備が崩壊し、最終的に3-6で屈してベスト8敗退となった。

 ベスト4に入った2002年の日韓ワールドカップの韓国代表メンバー(出場はなし)で、韓国放送局「JTBC」で解説員を務めるDFヒョン・ヨンミン氏は、「フットボールは勝つことも、負けることもある。メキシコ戦はワンサイドゲームではなかったと思う。シュート数もほぼ差がない」と言及。実際、シュート数は15対14、ボール支配率も55%対45%と韓国が上回っており、攻撃に関してはイ・ドンギョンの個人技を含めてメキシコとも渡り合っていた。しかし、失点後の対応に問題があったと指摘する。

「ただ、失点の仕方が選手たちにプレッシャーを与え、敗因につながったと思う。ディフェンダーは失点したら罪悪感やプレッシャーを感じるもの。それをすぐに振り払おうとするのだが、経験不足のために上手くいかなかった」

 過去最高位である2012年ロンドン五輪の銅メダル以上の結果も国内では期待されていたが、韓国の夢は早くもベスト8で潰えてしまった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング