五輪3連勝の日本、米メディア「パワーランキング」で首位キープ 「最強チーム」

日本が「パワーランキング」で首位キープ【写真:Getty Images】
日本が「パワーランキング」で首位キープ【写真:Getty Images】

参加16カ国で唯一の3連勝を飾って首位を堅守

 東京五輪のサッカー男子は、28日にグループリーグ第3戦が各地で行われ、ベスト8のチームが出揃った。ここからは一発勝負のトーナメントとなるなか、米メディア「CBSスポーツ」のパワーランキングでは日本が首位をキープしている。

 初戦で南アフリカ(1-0)、第2戦で強豪メキシコ(2-1)を破って2連勝を飾った日本は、28日の第3戦でフランスと対戦。MF久保建英が日本人史上初となるグループリーグ3戦連続ゴールを決めて先制すると、その後もDF酒井宏樹、MF三好康児、FW前田大然と続き、4-0と快勝を飾った。

 参加16カ国で唯一の3連勝をマークした日本。米メディア「CBSスポーツ」による男子サッカー競技のパワーランキング(グループリーグ第3節終了時点)で、ブラジルなどを抑えて日本が全体のトップをキープした。好調の日本について、記事では次のように寸評されている。

「森保一監督が率いるサムライブルーが現在、最強のチームであることに疑いの余地はない。スターの久保建英は、グループリーグ全試合で得点をマーク。7得点1失点、5人の異なるゴールスコアラーと健全な結果が表れている。オリーホワイト(ニュージーランド五輪代表)に敬意を表しても、スペイン対コートジボワールの勝者と対戦する準決勝に進むのに、優位なドロー(組み合わせ)に感じる」

 一方、韓国は初戦黒星からの2連勝でB組首位通過を果たし、前回から7つランクアップで3位へ。「ニュージーランド戦で黒星スタートという失意のあと、ルーマニアとホンジュラス相手に10ゴールを挙げた。イ・ガンインとファン・ウィジョは、この2試合でそれぞれ3ゴールを挙げた。メキシコは自信に満ちた選手たちを警戒するだろう」と紹介されている。

「CBSスポーツ」によるベスト8進出国のパワーランキングは以下のとおり。

1位:日本(→)
2位:ブラジル(↑1)
3位:韓国(↑7)
4位:メキシコ(↑4)
5位:コートジボワール(↓1)
6位:スペイン(↓4)
7位:ニュージーランド(↑5)
8位:エジプト(↑7)
※矢印横の数字は順位の変動数。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング