韓国英雄FWアン・ジョンファン、6発快勝の母国を称賛 「100点中100点満点」

韓国英雄アン・ジョンファン氏とU-24韓国代表【写真:Getty Images】
韓国英雄アン・ジョンファン氏とU-24韓国代表【写真:Getty Images】

ホンジュラスを6-0で破った韓国代表を評価「爽やかな試合だった」

 U-24韓国代表は28日、東京五輪グループリーグ第3戦でホンジュラスを6-0で破り、グループB首位で決勝トーナメントに駒を進めた。母国の英雄アン・ジョンファン氏は快勝した試合を「100点中100点満点だ」と絶賛している。韓国紙「東亜日報」が伝えた。

 初戦でニュージーランドに0-1と敗れるまさかの黒星スタートを喫した韓国は、“崖っぷち”で迎えた第2戦でルーマニアに4-0と大勝。2試合を終えて4チームが1勝1敗の勝ち点3で並ぶ大混戦となるなか、韓国が得失点差で首位に立ち最終戦を迎えた。

 ホンジュラスとの一戦は序盤から積極的にゲームを進めると、前半12分にPKを獲得。これをオーバーエイジで参戦している元ガンバ大阪のFWファン・ウィジョが決めて、幸先良く先制した。さらに同17分にCKから再びPKを獲得すると、同19分にMFウォン・ドゥジェが決めて2-0とした。

 その後も韓国が決定機を迎えるなど攻勢を強めると、同39分に相手選手を倒したホンジュラスDFカルロス・メレンデスがこの日2枚目のイエローカードで退場。前半アディショナルタイムにファン・ウィジョが2点目のゴールを奪い、3-0で前半を折り返した。

 数的優位の韓国が後半も主導権を握ると、同7分に三たび獲得したPKをファン・ウィジョが決めてハットトリックを達成。同19分にもMFキム・ジンヤ、同37分にはMFイ・ガンインにゴールが生まれて6-0で勝利した。

 韓国放送局「MBC」の解説委員を務める元韓国代表FWアン・ジョンファン氏は、「序盤から選手たちの動きが非常に良かった。サッカーは時間と空間の戦いだが、選手たちはよくやっている」と“後輩”たちを称賛。右サイドで先発し、チームに勢いをつけたFWイ・ドンジュンについて「まるでゲームのキャラクターのように、自信を持ってプレーしている」と高く評価しつつ、全体の出来にも満足だったようだ。

「この試合(ホンジュラス戦)は100点中100点満点だ。シャワーを浴びなくていいほど、爽やかな試合だった。今大会でぜひ表彰台に上がってほしい」

 アン・ジョンファン氏は、31日に強豪メキシコと対戦する母国に期待を寄せていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド