「公然と嘲笑」 韓国放送局、相手OGへの”不適切字幕”騒動を中国断罪「懲りてない」

韓国対ルーマニアの一戦で放送局の不祥事が発覚【写真:Getty Images】
韓国対ルーマニアの一戦で放送局の不祥事が発覚【写真:Getty Images】

ルーマニアMFマリンのオウンゴールに「ありがとう」の不適切な字幕が波紋

 U-24韓国代表は25日に行われた東京五輪のグループリーグ第2戦ルーマニア戦を4-0で制したが、韓国放送局が出した不適切な字幕が波紋を呼んでいる。放送局の社長が謝罪会見を開くにまで発展した事態に、中国メディアは「彼らは懲りていない」と断罪している。

 韓国はルーマニアを4-0と一蹴し、今大会初勝利を飾った一方、この試合を中継した韓国放送局「MBC」の対応が波紋を呼んだ。0-0で迎えた前半27分、ルーマニアMFマリウス・マリンのオウンゴールで先制した際、広告映像の画面右上で1-0のスコアを伝えるテロップを掲出しるとともに、「ありがとう、マリン」という文字まで出す軽率な行動を犯してしまった。

 この問題に対し、中国メディア「新浪体育」は「韓国のテレビ局が相手のオウンゴールを公然と嘲笑」と見出しを打ち、「これは明らかにメインストリームのテレビ局がやるべきことではない。これを放送事故と考えていたようだが、残念でならない」と非難。記事では、「MBC」が23日の五輪開会式の中継で参加国の紹介に不適切な写真を使い、同放送局のパク・ソンジェ社長が謝罪会見を開く事態に発展したことにも触れたうえで、「明らかに彼らは懲りていない」とも指摘した。

 今回の騒動を巡っては、韓国メディアでも大きく報道。全世界が注目するオリンピックという舞台での不祥事となってしまっただけに、その余波は海外にも及ぶ”一大事”となってしまった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング