「偉大な才能」 リバプール南野、ダイビングヘッド&鋭い“カットイン弾”動画に反響

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプール公式SNSが練習中のゴールシーンを公開、南野がキレのある動きで2得点

 リバプールは今月12日から、オーストリアでプレシーズンのキャンプをスタートしている。昨季途中からサウサンプトンに期限付き移籍していた日本代表MF南野拓実もメンバーに名を連ねており、他の主力選手とともに連日汗を流しており、その様子はクラブ公式SNSで公開されている。日本時間26日早朝の投稿では、南野がミニゲームで2ゴールを奪う様子を収めた動画を公開。ダイビングヘッドと鋭い切り返しで相手2人を置き去りにした一撃に、ファンからは「タキの輝くシーズン」「偉大な才能」など期待する声も上がっている。

 南野はリバプール2年目の昨季、プレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)でリーグ戦初ゴールを決めたが、激しいポジション争いのなかで徐々に序列が後退。今年2月、サウサンプトンへシーズン終了までの期限付き移籍が決まった。ベンチを温める日々が続く期間もあったが、サウサンプトンでは最終的にリーグ戦10試合2ゴールを記録。来季の去就を巡って様々な報道が出るなか、束の間のオフを経て、リバプールの一員としてオーストリアでキャンプインしている。

 オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクやエジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネなど、世界的スター選手たちと汗を流す南野。その様子は連日クラブ公式SNSで公開されているが、リバプール公式ツイッターとインスタグラムは26日、ミニゲームでの南野の得点シーンを収録した映像を公開した。

 1点目は右サイドからの柔らかいクロスに対し、ファーサイドに走り込みダイビングヘッド。ボールのやや下側を叩いたのか、シュートが少し浮きながらも右ポストに当たってゴールとなり、南野も笑顔を見せていた。そして2点目のシーンではGKからの素早いスローイングを左サイドで受けると、2タッチ目で中へ鋭く切り返し右足でシュートを流し込んだ。

 この映像の投稿を受けてファンも反応しており、SNSには「今季タキにチャンスがあることを願いましょう」「タキは鋭く見える」「偉大な才能」「1点目のゴールは美しい」「タキの輝くシーズン」など、南野に期待する声も寄せられている。来季に向けた去就は不透明だが、南野自身はリバプールで充実したトレーニングを積みながら、好調を維持しているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング