久保建英、電光石火の2戦連続弾は「狙い通り」 堂安が「自分に出してくれるなと…」

先制ゴールを決めたMF久保建英【写真:Getty Images】
先制ゴールを決めたMF久保建英【写真:Getty Images】

難敵メキシコ戦で開始6分に先制弾、堂安からのクロスをトーキックで仕留める

 U-24日本代表MF久保建英は25日、東京五輪サッカー男子グループリーグ第2戦のメキシコ戦に2試合連続で先発出場し、前半6分に値千金の先制ゴールを決めて2-1の勝利に貢献した。試合直後のインタビューに応じた久保は「狙い通りだった」と振り返っている。

 日本は初戦の南アフリカ戦(1-0)でベンチスタートだったMF相馬勇紀を左サイドハーフに入れ、2列目中央に久保、右サイドハーフにMF堂安律が並ぶ形となった。そして立ち上がりの6分、日本が誇るレフティーコンビが輝きを放つ。右サイドバックのDF酒井宏樹が縦パスを出すと、堂安が相手の背後を取って抜け出す。そして右足でマイナスのラストパスを送ると、走り込んできた久保がトーキックで相手のわずか前でシュートを放ち、2試合連続となる先制ゴールを決めた。

 さらに日本は同12分、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)からの進言を受けた主審がメキシコのファウルを取ってPKを宣告し、これを堂安が中央に決めて2-0。後半に相手が1人退場者を出すなかで1点を返されるも、2-1と逃げ切ってグループリーグ突破へ前進した。

 試合直後のインタビューに応じた久保は、得点シーンについて「最初の立ち上がりのところで相手を研究している時に、つなぎのミスを奪って攻めればというところで狙い通りだった。堂安選手が抑えた時に自分のところに出してくれるなと思ったので、落ち着いて決めるだけだった」と振り返った。

 さらに「GKのオチョア選手が入りながら(パスを)回すと分かっていたので、自分が(相手の)アンカーのところについた。それは吉田選手など後ろの選手にも言われたことなので、狙い通りのプレスができた」と語っており、チーム全体でイメージを共有しながら守備ができたようだ。

「次も勝って3戦全勝でグループステージを突破したいと思う」と意気込んだ久保。2試合連続2ゴールと勝負強さを発揮し、53年ぶりのメダル獲得を目指すチームを先頭に立って牽引している。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング