U-24日本代表、難敵メキシコに2-1勝利 久保&堂安がアベック弾、2連勝でGL突破へ前進

追加点を奪った日本代表MF堂安律【写真:Getty Images】
追加点を奪った日本代表MF堂安律【写真:Getty Images】

東京五輪GL第2戦に2-1と勝利、A組首位浮上…最終戦に引き分け以上で無条件8強進出

 東京五輪サッカー男子の第2戦が25日に行われ、グループAの日本はメキシコとの大一番に臨み、MF久保建英の2試合連続となる先制ゴールとMF堂安律のPKで2-1の勝利。2連勝で決勝トーナメント進出に優位な状況を手にした。

 日本は初戦の南アフリカ戦(1-0)のスターティングメンバーから、左サイドハーフのMF三好康児をMF相馬勇紀に変更した11人が先発。初戦のフランス戦を4-1で制したメキシコと、グループ首位を争うゲームに臨んだ。

 その立ち上がり、日本はいきなり試合を動かす。右サイドバックのDF酒井宏樹が縦パスを出すと、MF堂安律が相手の背後を取って抜け出した。右足でマイナスのラストパスを出すと、走り込んできた久保はトーキックで相手のわずか前でシュートを放ち、これが2試合連続ゴールでの先制弾になった。

 さらに日本は同10分、左サイドから切り崩した攻撃がコーナーキックの判定になったところ、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)からの進言を受けて主審が映像確認。すると、相馬がラストパスを出した後のアフターで、相手選手が足の裏で相馬を踏みつける形になっていたことからPKの判定になった。これを堂安が左足でゴール正面に蹴り込み、同12分に2-0とリードを広げた。

 日本は局面のバトルにも負けない強さを見せ、むしろメキシコにイエローカードが連続する展開に。追加点こそ奪えなかったものの、2点のリードを維持してハーフタイムに突入した。

 後半に入ると2点を追うメキシコが前半よりもさらにボールを持つ展開になった一方、日本もブロックを作って構えたところからカウンターを狙う展開になった。そして後半23分、背後に抜け出した堂安をDFホアン・バスケスがペナルティーエリアのすぐ外で後ろから倒した。主審は決定的な得点機会の阻止と判断し、バスケスにレッドカードを提示。日本は数的優位を得た。

 しかし日本は同40分、左サイドの深いところでMF田中碧のファウルでフリーキックを与えると、FWロベルト・アルバラドが左足でゴール枠内に入ってくるクロス。これがすり抜けたところをGK谷晃生が処理できずにゴール内へ。1失点したものの、日本は2連勝で勝ち点を6に伸ばした。

 同組のもう1試合でフランスが南アフリカに4-3で勝利ししたため、日本の決勝トーナメント進出はこの段階では決定せず。フランス戦では引き分け以上で、無条件でのグループリーグ突破が決まる。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング