五輪2連勝の日本、米メディア「パワーランキング」で首位浮上 「これ以上ない状況」

強豪メキシコを2-1で下した日本代表【写真:Getty Images】
強豪メキシコを2-1で下した日本代表【写真:Getty Images】

メキシコを2-1で破り評価上昇…スペイン、ブラジルを抑えて首位浮上

 東京五輪のサッカー男子で日本は25日に強豪メキシコを2-1で下し、グループステージ2連勝を飾った。米メディア「CBSスポーツ」のパワーランキングではスペインらを抑えて首位に浮上。「これ以上ないほど良い状況が続いている」と、その戦いぶりが絶賛されている。

 ホスト国の日本は初戦で南アフリカと激突。チームの要の1人、MF久保建英の豪快なシュートが決勝点となり、1-0で開幕戦を飾った。

 続く第2戦は2012年ロンドン五輪では準決勝で日本を下し、そのまま金メダルを獲得した因縁のメキシコと激突。前半6分に久保が2試合連続ゴールを決めると、同12分にはMF堂安律がPKを決めて突き放した。相手に退場者が出た後半にセットプレーから1点を失ったが、そのまま2-1で逃げ切り、参加16カ国で唯一の2連勝を飾った。

 母国開催の五輪で最高の出だしを切った日本。米メディア「CBSスポーツ」による男子サッカー競技のパワーランキング(グループリーグ第2節終了時点)で、3位ブラジル、2位スペインなどの強豪国を抑えて日本が全体のトップに浮上した。好調のサムライブルーについて、記事では次のように寸評されている。

「2試合で2勝。そして久保は2得点。森保一監督と選手たちにとってはこれ以上ないほどの状況が続いている。タリスマン(お守り)のアンドレ=ピエール・ジニャックによって支えられている不安定なフランス相手の成功も信じている」

 2戦連発でチームを牽引する久保の活躍に触れつつ、ここまでの戦いぶりはケチのつけようがないものだと絶賛されている。メキシコに敗れ、南アフリカ相手にも3失点するなど不安定さを露呈している3位フランスとの直接対決も、十分勝算ありとの見方だ。

 日本も1人少ないメキシコ相手に不用意にボールを失って攻め込まれるなど、ゲーム終盤のリスクマネジメントの面で不安をのぞかせたが、最終戦は引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる優位な立場に立っている。2連勝の勢いそのままに、ベスト8へと駒を進めることができるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング