「マナーでも敗れた」 韓国MF、ニュージーランド戦後の“握手拒否”を母国非難

韓国MFイ・ドンギョン【写真:AP】
韓国MFイ・ドンギョン【写真:AP】

MFイ・ドンギョン、東京五輪グループ初戦後に選手から差し出された握手を拒否

 東京五輪サッカー男子のグループリーグ初戦が22日に各地で行われ、B組の韓国はニュージーランドに0-1で敗れた。シュート数、ボール保持率で圧倒しながら黒星発進となったなか、母国メディアは試合後、両選手が健闘を称え合う中で韓国MFイ・ドンギョンがニュージーランドの選手から差し出された握手を拒否したシーンを引き合いに「サッカーで負け、マナーでも敗れた」と非難している。

 キム・ハクボク監督率いるグループBの韓国(FIFAランキング39位)は、初戦でニュージーランドと対戦。FIFAランキング122位の相手に対し、オーバーエイジ枠のFWファン・ウィジョ(ボルドー)、MFイ・ガンイン(バレンシア)らを揃え、立ち上がりからボールを保持し相手ゴールに迫ったものの、スコアレスのまま前半を終える。

 後半も優位に試合を進めていたが同31分、ニュージーランドにワンチャンスをものにされる。自陣ゴール前でミドルシュートを撃たれ、そのボールが韓国のDFチョン・テウクに当たったこぼれ球を拾ったFWクリス・ウッド(バーンリー)が右足でフィニッシュ。最初はオフサイドと判定されたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によりゴールと認められ、これが決勝ゴールとなった。

 シュート数12対2、ボール保持率でも63%対37%と圧倒しながらもまさかの黒星発進となった韓国。この結果に、母国メディアでは落胆の報道が相次いだなか、「朝鮮日報」紙は試合後、両選手が健闘を称え合う中で韓国MFイ・ドンギョンがニュージーランドの選手から差し出された握手を拒否したシーンを非難している。

 同メディアは「ニュージーランド選手の握手要求を無視……。サッカーで負け、マナーでも敗れた」と見出しを打ち、「スコア以上に残念なシーンが試合後に出てきた。ニュージーランドのウッドは試合後、イ・ドンギョンに握手を求めた。しかし、イ・ドンギョンは握手を無視した。ウッドは悪戯っぽく笑った。もちろん、満足のいかない結果に不満を抱き、握手をする余裕がなかったのかもしれない。しかし、世界中のアスリートが結束と友情を築くオリンピックの舞台で見せる振る舞いではなかった。いろいろな意味で打ちのめされた一日だった」と、問題のシーンを指摘している。

 世界中が注目し、平和の祭典とも言われている五輪。その大舞台で、不評の種を作るような行為を見せた母国選手の振る舞いを、メディア側は見過ごさなかった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」