セルティック移籍の古橋亨梧、日本ラストゲームでの技あり先制弾に反響 「イケメンすぎる」

セルティック移籍が決定したFW古橋亨梧【写真:Getty Images】
セルティック移籍が決定したFW古橋亨梧【写真:Getty Images】

前半30分、DF酒井とのワンツーから先制ゴールを奪取

 スコットランドの名門セルティックへの移籍が内定したヴィッセル神戸の日本代表MF古橋亨梧は、17日に行われたJ1リーグ第20節セレッソ大阪戦で先発出場。元日本代表DF酒井高徳とのワンツーから先制ゴールを奪い、自らの門出を祝っている。

 26歳の古橋は大阪の興國高から中央大へ進み、2017年にFC岐阜(当時J2)でプロデビューを果たすと、18年夏に神戸へ加入。19年に日本代表に初選出されるなど近年目覚ましい活躍を見せ、今季はここまでJ1リーグ20試合で14得点を決めていた。ベルギーやオランダクラブへの移籍も噂されていたなかで、新天地はかつて元日本代表MF中村俊輔が英雄的な活躍を見せたセルティックに決まった。古橋は中村、水野晃樹に続くクラブ史上3人目の日本人選手となる。

 スコットランドへ渡る前のラストゲームとなったC大阪戦は、FWドウグラスとともに2トップを形成。すると、前半30分、勢いに乗るアタッカーが見せ場を作る。

 古橋が右サイドでボールを受けると、酒井とパスを交換してペナルティーエリア内に進入。冷静にゴールを見てから右足を振り抜き、左隅に先制点を呼ぶシュートを突き刺した。

 スポーツチャンネル「DAZN」は、「#古橋亨梧 4戦連発。右サイドの崩しから自らの門出を祝う一撃」とゴールシーンの動画を公開。ファンからは「上手すぎ」「ラストゲームで先制ゴールとかイケメンすぎる」「今日決めるの強い」「すげえな古橋」と感嘆の声が上がっている。

 試合は神戸が1-0のまま前半を折り返している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング