名門セルティック移籍の古橋、イニエスタが活躍に太鼓判「良い仕事ができると確信」

神戸MFイニエスタとFW古橋亨梧【写真:井上智博】
神戸MFイニエスタとFW古橋亨梧【写真:井上智博】

有名ツイッチ&YouTuberイバイ氏のチャンネルで「古橋は良い選手」の問いに回答

 J1ヴィッセル神戸の日本代表FW古橋亨梧は16日、スコットランドの名門セルティックへの完全移籍について、クラブ間での基本合意に達したことが発表された。今後は現地でのメディカルチェックなどを経て、正式契約が結ばれる予定だというが、同僚の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは発表前に「良い仕事ができるだろうと確信している」とヨーロッパでの活躍に太鼓判を押していた。

 26歳の古橋は大阪の興國高から中央大へ進み、2017年にFC岐阜(当時J2)でプロデビューを果たすと、18年夏に神戸へ加入。19年に日本代表に初選出されるなど近年目覚ましい活躍を見せ、今季はここまでJ1リーグ20試合で14得点を決めていた。ベルギーやオランダクラブへの移籍も噂されていたなかで、新天地はかつて元日本代表MF中村俊輔が英雄的な活躍を見せたセルティックに決まった。古橋は中村、水野晃樹に続くクラブ史上3人目の日本人選手となる。

 2018年5月に神戸に完全移籍したイニエスタは、直後に加入した古橋を高く評価していた1人だが、ツイッターのフォロワー475万人以上、YouTubeチャンネルの登録者625万人以上を誇り、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロや元スペイン代表DFジェラール・ピケ(バルセロナ)にインタビューした経験も持つツイッチ&YouTuberのイバイ氏の番組で、16日の発表前に「フルハシは良い選手?」との問いに答えていた。

「正直に言えば、問題なくヨーロッパにステップアップできる選手。今、Jリーグのピチーチ(最多得点選手)だけどそれだけじゃない。とても良い特長があり、あっち(ヨーロッパ)で良い仕事ができるだろうと確信している。いくつかの注目がもう彼に集まっていてどうなるか分からないけど、(神戸の選手である)僕にとっては面白くないってことになるかもしれない。だって、彼は僕らにたくさんのゴールを決めてくれるから(笑)。簡単なことではないけど、彼のことを考えると喜ばしい。日本人選手の夢はヨーロッパでやることだと思うから」

 イニエスタは古橋が旅立つことになれば、神戸としては戦力ダウンになることを認めつつも、伸び盛りのアタッカーの成功を願っていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング