リバプール、連日投稿の“本日の南野”が注目度大 背番号が再び“変化”「18番に戻ってる」

リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

「37番」のついた練習着が話題を集めたなか、本来の「18番」で汗を流す

 リバプールは現地時間12日からオーストリアでプレシーズンのキャンプをスタートしており、連日練習の模様をクラブ公式SNSで公開中だ。そのなかで、クラブ公式ツイッター日本語版がアップした写真の“背番号”に再び注目が集まっている。

 南野はリバプール2年目の昨季、プレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)でリーグ戦初ゴールを決めたが、激しいポジション争いのなかで徐々に序列が後退。今年2月、サウサンプトンへシーズン終了までの期限付き移籍が決まった。ベンチを温める日々が続く期間もあったが、サウサンプトンでは最終的にリーグ戦10試合2ゴールを記録。5月下旬からは日本代表に合流すると、5月28日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦(10-0)、6月7日の同タジキスタン戦(4-1)でゴールを挙げ、MF本田圭佑が持つW杯予選7戦連続弾の記録に並んだ。

 その間も来季の去就を巡っては様々な報道がされてきたが、束の間のオフを経て、南野はリバプールの一員としてオーストリアでキャンプイン。負傷により長期離脱していたオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、RBライプツィヒから獲得した新加入のDFイブラヒマ・コナテらとともに、新シーズンへの第一歩を踏み出した。

 クラブ公式サイトでは連日多くの写真が公開されているが、リバプール公式ツイッター日本語版は16日、南野がボールを蹴る前後の2枚の写真をアップした。笑顔や軽快な動きを感じさせる絵柄だが、ファンの注目は背番号のようだ。

 14日、選手たちが自転車に乗ってトレーニング場に移動していた際、着用しているトレーニングウェアの右胸に記された番号が「37」だったため、「今季37なの?」「背番号18剥奪されたの?」と“変化”に驚くコメントも上がっていた。

 別の練習写真では「18」のトレーニングウェアを着ているため、この時に限って別の番号のウェアとなっていた可能性も想定できるなか、新たな写真では過去2シーズンでつけていたものと同じ「18」。ファンも「18番に戻ってる」「背番号次は18かい」「楽しそう」「期待してる!」と反応していた。

 リバプール公式ツイッターによる“本日の南野”は、日に日に注目度が高まっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング