「イケメンすぎない?」 リバプール南野、“自転車移動”写真での変化が話題「37番?」

リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプール公式SNSがキャンプ地で自転車移動する写真を公開

 リバプールは現地時間12日から、オーストリアでプレシーズンのキャンプをスタートしている。昨季途中からサウサンプトンに期限付き移籍していた日本代表MF南野拓実もメンバーに名を連ねており、他の主力選手とともに汗を流しているが、クラブ公式ツイッター日本語版は選手たちが自転車移動をしている写真を投稿。「ごつくなってる」とハンドルを握る南野の腕の筋肉にファンが注目する一方、“ある変化”にも注目が集まっている。

 南野はリバプール2年目の昨季、プレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)でリーグ戦初ゴールを決めたが、激しいポジション争いのなかで徐々に序列が後退。今年2月、サウサンプトンへシーズン終了までの期限付き移籍が決まった。ベンチを温める日々が続く期間もあったが、サウサンプトンでは最終的にリーグ戦10試合2ゴールを記録。5月下旬からは日本代表に合流すると、5月28日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦(10-0)、6月7日の同タジキスタン戦(4-1)でゴールを挙げ、MF本田圭佑が持つW杯予選7戦連続弾の記録に並んだ。

 その間も来季の去就を巡っては様々な報道がされてきたが、束の間のオフを経て、南野はリバプールの一員としてオーストリアでキャンプイン。負傷により長期離脱していたオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、RBライプツィヒから獲得した新加入のDFイブラヒマ・コナテらとともに、新シーズンへの第一歩を踏み出した。

 クラブ公式サイトでは連日多くの写真が公開されているが、リバプール公式ツイッター日本語版は14日、選手たちが自転車に乗ってトレーニング場に移動する様子を公開。ファン・ダイクやエジプト代表FWモハメド・サラー、しっかりとヘルメットを被って運転する元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーとともに、南野が爽やかに自転車を乗りこなす姿が写っている。

 ファンからは「イケメンすぎない?」「並々ならぬ決意に満ちた表情」「めっちゃかっこいい」といった声のほか、ハンドルを握る南野の腕の筋肉に注目し「ごつくなってる」「肩のあたり以前よりもがっしりしてる?」という指摘も。さらに、着用しているトレーニングウェアの右胸に記された番号が「37」だったため、「今季37なの?」「背番号18剥奪されたの?」と“変化”に驚くコメントも上がっていた。

 もっとも、別の練習写真では「18」のトレーニングウェアを着ているため、この時に限って別の番号のウェアとなっていた模様。詳細は分からないものの、プレミアリーグ3シーズン目に向けてフィジカル的に充実した状態でキャンプインしていることは間違いなさそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング