唯一の弱点? リバプール、レトロな来季アウェーユニ大好評も英言及「洗ったら悪夢」

リバプールの来季アウエーユニフォームデザインに注目(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
リバプールの来季アウエーユニフォームデザインに注目(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

8日にクリーム色ベースで襟付き仕様が特徴の一枚が正式発表

 リバプールは7月8日、2021-22シーズンに着用するアウェー版新ユニフォームを正式発表。襟付きのレトロな一枚に、海外メディアも高評価を与えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リバプールは今年5月20日、2021-22シーズンのホーム新ユニフォームを正式発表した。1959~74年に指揮を執った元スコットランド代表DFビル・シャンクリー氏の「赤は危険を、そして力を意味する」という言葉にインスパイアされ、64年シーズンからのデザインを参考にしたもの。これまでと同じ赤ベースながら、差し色が今季の緑と白からオレンジへ、そして胸元を中心にギザギザ仕様の斜線が施されている。

 アウェーデザインは海外メディアで事前にリークされ、クリーム色ベースに、ブライトクリムゾンとダークアトミックティールが差し色で使われたレトロな仕上がりもさることながら、ポロシャツ風の襟がついているのがひと際目を引く仕様として話題を呼んでいた。

 7月8日にリバプール公式SNSで解禁された映像でも、色や襟付きデザインは同様の仕上がり。ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタ、新加入のフランス人DFイブラヒマ・コナテらがモデルを務め、クラブ公式サイトは「レトロメイト」と称している。

 英地元紙「リバプール・エコー」は、「私の全額を注ぐ」「なんて美しいんだ」「そう来なくっちゃ!」といったファンの声を紹介。リバプール専門メディア「リバプール・コム」は、10点満点中9点をつけ、色の性質上「洗ったら悪夢」と伝えていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」