唯一の弱点? リバプール、レトロな来季アウェーユニ大好評も英言及「洗ったら悪夢」

リバプールの来季アウエーユニフォームデザインに注目(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
リバプールの来季アウエーユニフォームデザインに注目(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

8日にクリーム色ベースで襟付き仕様が特徴の一枚が正式発表

 リバプールは7月8日、2021-22シーズンに着用するアウェー版新ユニフォームを正式発表。襟付きのレトロな一枚に、海外メディアも高評価を与えている。

 リバプールは今年5月20日、2021-22シーズンのホーム新ユニフォームを正式発表した。1959~74年に指揮を執った元スコットランド代表DFビル・シャンクリー氏の「赤は危険を、そして力を意味する」という言葉にインスパイアされ、64年シーズンからのデザインを参考にしたもの。これまでと同じ赤ベースながら、差し色が今季の緑と白からオレンジへ、そして胸元を中心にギザギザ仕様の斜線が施されている。

 アウェーデザインは海外メディアで事前にリークされ、クリーム色ベースに、ブライトクリムゾンとダークアトミックティールが差し色で使われたレトロな仕上がりもさることながら、ポロシャツ風の襟がついているのがひと際目を引く仕様として話題を呼んでいた。

 7月8日にリバプール公式SNSで解禁された映像でも、色や襟付きデザインは同様の仕上がり。ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタ、新加入のフランス人DFイブラヒマ・コナテらがモデルを務め、クラブ公式サイトは「レトロメイト」と称している。

 英地元紙「リバプール・エコー」は、「私の全額を注ぐ」「なんて美しいんだ」「そう来なくっちゃ!」といったファンの声を紹介。リバプール専門メディア「リバプール・コム」は、10点満点中9点をつけ、色の性質上「洗ったら悪夢」と伝えていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド