イングランド代表20歳MF、華麗なバックヒールパスに脚光 「過小評価されている」

イングランド代表MFフィル・フォーデン【写真:AP】
イングランド代表MFフィル・フォーデン【写真:AP】

フォーデン、華麗なテクニックでグリーリッシュにパスを供給

 イングランドは7日に行われた欧州選手権(EURO)準決勝デンマーク戦で、延長戦の末に2-1で勝利し、史上初の決勝進出を決めた。決勝点となったPK判定に疑惑の目が向けられている一方で、大会公式インスタグラムは21歳のMFフィル・フォーデンの華麗なテクニックにスポットライトを当てている。

 悲願のEURO初制覇を目指すイングランドは、準決勝でデンマークと対戦。前半30分に直接フリーキックを決められ先制を許すも、その9分後にFWブカヨ・サカのクロスがオウンゴールを誘発し、試合を振り出しに戻す。その後も果敢に相手ゴールに迫りながら追加点を奪えず、試合は延長戦へ突入する。

 すると延長前半12分、右サイドの深いところからペナルティーエリア(PA)内にドリブルで侵入したFWラヒーム・スターリングが倒されてPKを獲得する。これをFWハリー・ケインが、一度はGKにセーブされながらも、こぼれ球を押し込んで勝ち越しに成功。2-1のまま試合は終了し、イングランドがEURO史上初の決勝進出を決めた。

 決勝点となったPK判定に関しては、スターリングがPA内で倒されているようにも見えるが、スロー映像を見るとデンマークDFヨアキム・メーレの足が触れているかは微妙なところで、見方によっては”ダイブ”とも捉えられ、疑惑の目が向けられている。

 一方で、EURO公式インスタグラムは、「スキル・オブ・ザ・デイ(最優秀スキル)」として、フォーデンの軽快な足技にフォーカスした。

 イングランドが敵陣に攻め込んだ際、左コーナー付近のフォーデンの元へ浮き球のボールが飛ぶ。21歳のアタッカーは冷静に落下点に入ると、小さくジャンプしながらノールツクで左足ヒールパスを繰り出し、途中出場のMFジャック・グリーリッシュにつなげた。

「フィル・フォーデンは華やかにジャック・グリーリッシュを見つけた」

 この投稿には、海外ファンからは「フォーデンは過小評価されている」「クラック」「スムーズ」といった純粋にテクニックを称える声も上がっているが、「泥棒」などと“疑惑の判定”を揶揄するコメントが多い状況になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」