「エラーはつきもの」 U-24中山雄太が示す”左SB”への覚悟「冨安には伝えました」

左サイドバックでの出場が予想されているDF中山雄太【写真:Getty Images】
左サイドバックでの出場が予想されているDF中山雄太【写真:Getty Images】

本大会での起用が見込まれる左SBでのプレーに言及 「トライ&エラーをしていきたい」

 U-24日本代表DF中山雄太(ズウォレ)が8日、オンライン会見で五輪本大会での起用ポジションに言及し、本職外の左サイドバック(SB)としての出場が見込まれる点について「挑戦できる部分だし、その面でも楽しさを感じている」と明かした。

 中山は2015年に柏レイソルの下部組織からトップチームへ昇格し、センターバック(CB)やボランチをそつなくこなす有望株として台頭。これまで所属クラブや東京五輪世代の代表チームでは主にこの両ポジションを務めてきたが、本大会で4バックを採用した際、左SBとしての起用が見込まれる。

 この点について、中山は「任されたポジションはどこでもやれるようにしたい」とし、左SBでのプレーには「キャリアでそんなにやったことがないポジションであることプラス、ボランチへのこだわりも残っているけど、世界的に見ればサイドバックとボランチを両立する選手が増えてきている。サッカーの進化に対して挑戦できる部分だし、その面でも楽しさを感じている」と意欲を示した。

 不慣れなポジションであるがゆえ、不安もつきまとう。それでも「単純にサイドバックのキャリアがないので、トライ&エラーをしていきたい。新しいものへのチャレンジなので、エラーはつきもの。そのエラーはあるからというのを頭に入れておいてほしいと冨安には伝えました」と、周囲と上手く連係しながらチームを支えていくことを誓った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  9. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  10. 「めちゃかっこいい」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインに絶賛の声、NB社とコラボの1足「配色かわいい」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」