レアル退団のラモス、PSGと2年契約で合意と仏記者報道 近日中にメディカルチェックへ

スペイン代表DFセルヒオ・ラモス【写真:AP】
スペイン代表DFセルヒオ・ラモス【写真:AP】

シティやユナイテッドなどより条件の良いプレミア勢ではなく、PSG行きを選択

 レアル・マドリード退団が決まったスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)と2年契約で合意したという。フランス人ジャーナリストのモハメド・ブハフシ氏が自身の公式ツイッターで伝えた。近日中にメディカルチェックを受けるとしている。

 ラモスは2005年にセビージャからレアルへ移籍。“銀河系軍団”と称される名門で16シーズンにわたって活躍。15-16シーズンからはキャプテンとしてチームをまとめた。

 今季限りで契約満了となるラモスは残留を希望していたものの、契約延長交渉で期限までに合意することができず今月いっぱいでの退団が決定。マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドなどプレミア勢からの関心も伝えられていたものの、新天地はパリとなる可能性が高いと見られていた。

 フランスのテレビ局「RMCスポーツ」や「BFM TV」でフットボール部門編集長を務めるブハフシ氏は1日、自身のツイッターで「ラモスはPSGと2年契約を結ぶことで合意。より条件の良いイングランドのクラブからのオファーを拒否した」と投稿。代理人である兄レネ・ラモス氏がパリ入りしており、ラモス本人も近日中にメディカルチェックを受けるという。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング